妊娠後期の異常な食欲を止めたい!ストップさせる方法とは?

妊娠 pregnancy 食欲

妊娠後期には妊娠中の中でも食欲増加が止まらない!と経験している方も多いと思います。

 

私も妊娠後期には異常な食欲に悩まされて、どうすれば食欲をストップできるのか試行錯誤しました。

 

その結果、どうすればコントロールしやすい方法を見つけたのでご紹介します。体重管理に迷っている方の参考になればと思います。

 

 

妊娠後期の異常な食欲を止める、ストップさせる方法とは?

妊娠 pregnancy

妊娠後期に入ってから、妊娠中期までに感じたことのない食欲を感じていました。それまでは「食べたい」と思っても、ちょっと我慢したら忘れてしまうくらいでした。

 

しかし!!

 

妊娠後期に入ると、食べ物のことを考え始めると頭から離れなくなって、何かを食べないとずーーと食べ物が頭の中をぐるぐるしてました。

 

 

そんな時にインスタやTwitterなどで美味しそうなご飯やスイーツの画像なんて見た時は最悪です。(笑)もう食べたくて仕方がない!

 

ずっと頭の中は「食べたい」「食べたい」「食べたい」でいっぱい。

 

かといって、欲望のままに食べてしまうと後期づわりの症状で吐き気を感じてしまったり。もう自分ではコントロールできないんじゃないかな!?と自己嫌悪になりそうです。

 

でも妊娠中は「妊娠前のように主食は抜いたらだめ、きちんと食べてください」といわれるのが一般的。

 

妊婦さんのための食事バランスガイドによると、妊娠後期にはごはんの小盛りを1日6~8杯くらい食べることが勧められています。

 

そんなに食べたら、ますます巨大化してしまう〜!!!!

 

と、思っちゃいます。

 

そこで、食事バランスを崩さないで体重を増やさないようにする方法を思いつく限り試してみました。

 

思いつく限りやってみた食欲コントロール方法

 

きるだけ「我慢」してストレスをためないように、無理をしないように食欲をコントロールして、体重管理を頑張るのがベスト!(それがめちゃくちゃ難しいけど・・・)

 

私が試した食欲コントロール方法の中でも、効果があったと思う方法は次の6つです。

 

  1. カロリーが高いものはできるだけ朝食に
  2. なるべく薄味にして食欲を抑える
  3. 後期づわり対策と一緒に、食事を小分けにする
  4. お菓子やジュースはできるだけ控える
  5. 食べる量より栄養バランスとカロリーオフを意識して
  6. ストレスをためない

 

① カロリーが高いものはできるだけ朝食に

妊娠 pregnancy

高カロリーのものが食べたいのであれば、朝や昼などの早い時間に食べましょう。

 

妊娠後期に入ると、夕方や夜になると疲れが溜まって動けなくなることも多いです。夕方や夜に高カロリーのものを食べると、エネルギーとして消費できないので脂肪になって体に備蓄されてしまう確率が高くなります。

 

だったら、体がまだ疲れていない昼間の間に消費させるのが1番ですよね♪

 

全く食べないようにガマンをするよりも、ちょっとだけ食べるけど工夫をするほうが食欲をコントロールしやすくなります。「どうしても食べたい!」と思う時は、早い時間に食べましょう。

 

② なるべく薄味にして食欲を抑える

妊娠 pregnancy

実は、濃い味の方が食欲を増進させてしまう作用があるそうです!

 

ということは、糖分や塩分の多い濃いめの味つけがされている食事を食べると・・・「もっと食べたい」と思っちゃうんです!

 

私はこのことを知らないで食事をしていたので、気づいた時にはかなり濃い味付けにしてしまっていました。

 

特に後期になってから無意識に味が濃くなっていたような気がします。

 

なるべく味の濃いものは避けて、食欲を刺激させないようにしましょう。特に自分で味付けをする時は要注意!いつもより薄味を心がけるのがおすすめです。

 

③ 後期づわり対策と一緒に、食事を小分けにする

妊娠 pregnancy 食欲

「血糖値が下がると食欲がわいてくる」というのが人間のメカニズムです。後期づわり対策と同じで2〜3時間おきに小分けにして食事をとると、血糖値が大きく上下しなくなります。

 

血糖値が激しく上下することがないと、急激な食欲を感じることが少なくすることができるんです!

 

これがけっこう、私には効果的でした!

 

妊娠後期は後期づわりを感じやすい時期なので、胃をいたわりつつ食欲をコントロールできたら一石二鳥!小分けにしてご飯を食べることで、ガツガツ一気に食べることも防げます。

 

さらに、食べる時間を決めておけば食べすぎも防ぐことができますよ♪

 

私はこの方法で体重管理も行いました。(→妊娠中の体重、どうやって管理する?〇〇だと管理が超絶カンタンに!?)

 

④ お菓子やジュースはできるだけ控える

妊娠 pregnancy

お菓子やジュースを1度食べ始めてしまうと、それが習慣になってしまいます。特に糖分は中毒性があるので、食べることに慣れていると「食べたい」と強く思ってしまいます。

 

1度食べ始めるとやめられなかったり、毎日同じ時間くらいに甘いものが食べたくなってしまいます!

 

かといって、甘いものを全く食べないというのもつらい〜!!いつまで我慢しないとダメなの〜!?と叫びたくなります!

 

そこで、我慢するというよりは、「できるだけ控える」という意識でいるようにしました。

 

特に毎日食べ続けると食欲も止まらない上に、体重も増え続けてしまいます。

 

私が決めたルールは次の2つ。

 

  1. 毎日は食べない
  2. 多くても2日に1回で食べる

 

このやり方だと、体重や食欲が増えにくくなりました。「毎日食べる」のと「数日おき」に食べるのでは体重の増え方が全然違う!

 

食欲もコントロールしやすくなるので、甘いものの管理がしやすくなりますよ♪

 

⑤ 食べる量より栄養バランスとカロリーオフを意識

妊娠 pregnancy

食べる量よりも、質を重視するが大切。妊娠中は「たくさん食べて〜」と言われることが多いけれど、それは赤ちゃんに必要な栄養素を送ることが大切だからですよね。

 

だったら、その栄養素をきちんと摂取しておけばOK!

 

例えば満腹感が足りないなら野菜たっぷりのスープを取り入れたり、栄養バランスの考えられた食事に加えれるようにトライしてみましょう!

 

ただ、そう言われてもけっこう面倒なんですよね。考えるの。(笑)

 

なので、私は置き換えダイエットのスムージーを間食や夕食などに取り入れていました♪

 

果物や野菜を買うと意外と高いし、たくさんの量を食べると胃が苦しい・・・でも、なぜか食欲はある!

 

経済的にも、体的にも、ローカロリーなものを用意するには負担がかかります。

 

その手間や負担を軽くしてくれるのが置き換えダイエットのスムージーなので、妊娠中で飲めるものを見つけるとっても楽になりました♪体重管理もしやすくなるのでおすすめです。(→妊娠中でもOKな置き換えダイエットとは?どんなメリットがあるの?)

 

⑥ ストレスをためない

妊娠 pregnancy

食欲を1番大きく左右するのは、ストレスだと私は思います。

 

ストレスを感じると食欲が急激に増える、というのは妊娠している、していない関係なく起こりますよね。もし今ストレスを感じているのであれば、アナタの食欲はストレスによるものの可能性もあります。

 

実際、私はストレスが解消されたら食欲が元通りになった経験があるので、ストレスからの食欲はあなどれないと思ってます。

 

無意識でストレスを感じていることもあると思うので、ストレスを感じていないかもう1度生活を見直してみるのも良さそうです。

 

妊娠中はささいなことでも大仕事になったり、負担になったりするのでストレスを感じやすいです。特に妊娠後期は出産も間近だし、ストレスを感じない方が難しいですよね。

 

それでも、食欲をコントロールするためにはストレス解消も大事なので、ストレスの元を解消できるようにしてみるのがオススメです。

 

妊娠中の食欲コントロールができないと危険なリスクも!?

妊娠 pregnancy 食欲

妊娠中の食欲をコントロールすることは体重管理にもつながりますよね。

 

妊娠中の体重が増えすぎてしまうと、赤ちゃんの成長、妊娠状態を危険にさらすことがあります。

 

あるいは、赤ちゃんやママ本人の命を危険にさらしてしまうことも!

 

食欲が増えるのは仕方がないけれど、体重管理ができていないと命の危険になることがあるんです!

 

食べることが大好きな私も「ああ・・・辛い」と挫けそうになることもありました。(笑)

 

でも、赤ちゃんを守るためには絶対に欠かせないことです。

 

自分自身の体重について知っておくことも必要なので、食欲が増えすぎて体重管理が気になる方はコチラを参考にしてみてください。(→妊娠中の体重増加、1ヶ月に○kg増加だと危険!?)

 

妊娠生活も人生でほんの少ししか味わえないと思えば、今を楽しむためにも頑張れたらいいですよね!ってことで、食欲コントロールに一緒に挑戦してみましょう♪