赤ちゃんに靴下って必要?新生児だと、いつから履かせるべき?

妊娠 pregnancy

赤ちゃん用の靴下ってたくさん販売されていますよね。

私は義理母からやけに靴下をプレゼントされます。(笑)

でも、赤ちゃん用の靴下って本当に必要なんでしょうか?

新生児だといつから履かせるべきなのか、少し調べてみました。

 

 

赤ちゃんに靴下って必要?

妊娠 pregnancy

そもそも赤ちゃんに靴下って必要なの?と疑問ですよね。

私の場合は義理母が靴下をものっすごくたくさんプレゼントしてくれて、多分靴下だけで20足以上あります。(笑)

しかも全部新生児用で、生まれる前から用意してくれています。

 

義理母いわく「赤ちゃんは体温調節ができないから、靴下は必須よ!」とのこと。

 

ただ、生まれてくる予定は真夏。

日本でいうと7〜8月くらいの気温です。

靴下って暑すぎるんじゃないかな?と、私は不安です。

 

いろいろ調べてみた結果、たしかに赤ちゃんの体温調節機能は未熟なので気温の変化によって上下してしまいます。

特に冬場などに薄着をしていると、低体温になってしまう可能性もあるそうです。

それに、皮下脂肪が少ないので、熱が逃げやすい性質があります。

 

冬場などの気温が低い時は足先を温めるために靴下を使うのは正解!だそうです。

 

でも、冬場だからといって常に履かせる必要はありません。

裸足で過ごすことも足裏から刺激を得ることに繋がり、寒い、暑いといった感覚を味合わせる経験となります。

そのため、気温や赤ちゃんの体温に合わせて靴下を履かせるかどうか判断したらOKとのこと♪

 

赤ちゃんの体温を確かめる方法

妊娠 pregnancy

私がパパママ教室で教わった方法は、赤ちゃんの背中やお腹を触って体温を確かめる方法です。

赤ちゃんの場合、内臓や大事な臓器を守るために手足などの末梢の血管を収縮させて、体温を逃がさないようにしています。

そのため大人に比べると手足がすごく冷たい!というのはよくあることです。

 

体温を確かめるために、お腹や背中を触ってみて冷えていないかを確認しましょう♪

 

手足の先だけでなく、全身の体温を確かめることが赤ちゃんが冷えていないかを確認する大切な方法です。

また、唇が青くなっていたり、顔色が悪い時も冷えている証拠。

その時はしっかりと温めてあげましょう。

 

  • お腹や背中をさわると冷えている
  • 唇が青い
  • 顔色が悪い
  • 機嫌が悪い
  • ぐずりがおさまらない
  • 泣き止まない など

 

こういった状態だと、寒がっている可能性があります。

ちなみに、沐浴上がりやお風呂上がりに手足が冷たくなるのも、体温を調節している証拠なので問題ないそうです♪

 

新生児から履かせてOK?いつから靴下は履かせるべきなの?

妊娠 pregnancy

靴下を履かせるのはいつからでもOK!

もちろん、新生児でもOKです。

 

むしろ、赤ちゃんの体温に合わせて靴下を履かせるか、履かせないか判断するべきだそうです。

季節、赤ちゃんの体温で様子を見て、特に寒い時期には履かせてあげるとベター。

 

脱水症状に注意!

ただ、赤ちゃんの場合は手足が冷えているように感じても、実は体が温まっていたら汗を大量にかいて脱水症状になる可能性があります。

そのため、良かれと思って靴下を履かせて、寝ていたのに暑さで起きてしまったり、ぐずってしまったりする可能性も!

赤ちゃんに危険を及ぼさないためにも、過度に靴下などで温めすぎるのもNG。

 

お腹や背中の体温を確かめて、靴下を履かせるかどうか判断しましょう!

 

多くのママは外出時に履かせることが多い

妊娠 pregnancy

いろんなママの意見を聞いたり、見たりしていると、外出する時だけ靴下を履かせるケースが多いようです。

特に冬の寒い時期ですね。

夏は履かせたりしていないようです。

 

特に冬でも室内でエアコンを使っていたりすると、室内でも十分あたたかいです。

そんな時に靴下を履かせていると、赤ちゃんが暑くて自分で脱いでしまうことが多くなります。

体温調節をさせるためにも、無理に履かせる必要もありません。

外出時に寒いと感じる時、履かせたらOK!というママが多かったです。

 

私の義理母はおそらくこのことを知らない・・・のかな?

生まれてくるのも真夏の予定だし、むしろ靴下を履かせると脱水症状になりかねません!

新生児や生後2〜3ヶ月でも靴を履かせることがある文化なので、その影響で靴下を履かせるのも当たり前なのかもしれません。(ペルーでは)

ただ、体温調節のことを考えると不安なので、私は外出時に履かせるくらいにしたいな〜と思っています。(苦笑)