妊娠中は風邪で喉が痛くなりやすい、咳が激しいと流産の可能性も!?

妊娠 pregnancy 風邪

妊娠してから、何度風邪を引いたんだろう・・・というくらい、何度も風邪をひいています。

喉の痛みから始まり、頭痛や咳に悩まされます。

 

しかも、妊娠中特有の鼻水がさらに追い打ちをかけてくるので、もうズルズルでボロボロ・・。(笑)

妊娠中の風邪を早く治すには、どうすれば良いのでしょうか?

私も実際に試している風邪を早く治す方法をご紹介します。

妊娠中は風邪を引きやすく、咳が激しいと流産の可能性も!?

妊娠 pregnancy 風邪

妊娠中に、一段と風邪を引きやすくなったなぁ。

そう思っていただけだったんですが、びっくりする話を聞いてしまったので「のんきに風邪を引いてる場合じゃない!」と思うことがありました。

なんと、妊娠中に咳が激しいと赤ちゃんへの悪い影響が起こる可能性があるそうなんです!

 

妊娠中の体は「普段だったら全然大丈夫!」という菌やウィルスに弱くなります。

そのため、突然熱を出したり、風邪を引きやすくなるんですよね。

 

さらに!

そんな状態で咳が長く続くと、お腹にかかる圧が強くなり、赤ちゃんに送られる血液が少なくなってしまいます。

「赤ちゃんに届く血液が少なくなる→赤ちゃんの酸素が不足する」といった状態を引き起こし、最悪の場合は赤ちゃんの脳に障害が出たりすることも!

また、酸欠状態が続くことに危機感を感じた赤ちゃんが早く外に出ようとして、早産につながる可能性もあるんです。

 

「ただの風邪だし!」と思ってしまいがちですが、咳がひどい場合は病院を受診しましょう。

風邪を引いている時は熱を出したり、脱水症状を引き起こしやすいです。

体温が上がりすぎると赤ちゃんに影響が及んだり、脱水症状で赤ちゃんを守る羊水が減ってしまったり・・・。

妊娠中の体や赤ちゃんにとって良いことはありません。

 

もしも・・・と考えると、すごく怖いですよね。

ちょっとの熱であれば問題ありませんが、38℃以上の熱がある場合は病院を受診しましょう!

熱がなくても、咳がひどい場合は病院を受診するのが理想的です。

 

妊娠中の風邪によるのどの痛み、咳の症状を早く治す方法

妊娠 pregnancy 風邪

妊娠中は市販の風邪薬などは飲めないので、お薬を飲む場合は病院で相談をしましょう。

 

じゃあ、どうやって早く喉の痛みや咳を治すことができるの?

そういった悩みを抱えるママも多いですよね。

私も風邪を引き始めた頃は「どうやって治したらいいのかな?」と悩んでいました。

今では風邪の回数も増えて、「喉の痛み」を感じた時点で治すことができるようになってきましたよ♪(自慢にならないけど。笑)

 

妊娠中の風邪によるのどの痛み、咳の症状を早く治す方法

  1. できるだけマスクをしておく
  2. レモネード生姜を飲む
  3. のど飴をなめる
  4. 内科を受診

 

① できるだけマスクをしておく

妊娠 pregnancy 風邪

マスクをしておくことで口の周りの湿度が高くなり、温まった空気をすうことができます。

そのおかげで喉の乾燥を防ぎやすくなるのです。

マスクは風邪の間、できるだけずっとしておくのがおススメ!

 

寝る時にもマスクができるようであれば、マスクをして寝ましょう。

特に寝起きに喉が痛いママにはおススメの方法です。

 

ただ・・・

私はいつもこの方法で風邪をすぐに治すのですが、妊娠中期以降に入ってからマスクをして寝るのが苦しい!(笑)

ただでさえ横になると息苦しい時があるのに、マスクをすると「これ・・・死ぬかもしれない」と思うくらい苦しい日があります。

あくまでも無理をしないで、「苦しい」と感じない範囲で使うようにしましょう。

起きている時、寝る時、苦しくない時にマスクを使うことで「喉の痛み」を早く治すことができます。

 

② レモネード生姜を飲む

妊娠 pregnancy

レモネード生姜を飲むと、とっても喉の痛みや咳に効果を感じます。

というのも、レモネード生姜の材料に秘密があるんです♪

 

レモン ビタミンCとクエン酸によって、疲労回復などの効果
生姜 身体の内部から温める効果により、免疫力向上効果、風邪のウィルス撃退の効果。

風邪の引きはじめで喉が痛い時により効果を発揮しやすい。

はちみつ 喉の炎症を抑えてくて、喉の痛みに効果的。

保湿作用と強い殺菌作用があるため、喉を潤しながら、同時に喉に入り込んだ風邪ウイルスと戦ってくれる。

 

この3つを材料にしてつくるレモネード生姜は、喉の痛みや咳にとっても効果的♪

「妊娠中ってはちみつっていいの?」と、心配になりますが、妊娠中のはちみつは問題ありません。

赤ちゃんに与えるはちみつは良くないですが、ママが妊娠中に飲むのは大丈夫です♪(私も心配になって調べました。笑)

 

③ のど飴をなめる

妊娠 pregnancy 甘い物

のど飴をなめることで、喉の痛みを緩和することできますよね。

のど飴には大きく分けて3つの種類があるので、妊娠中になめることができるのど飴を把握しておくきましょう。

医薬品、医薬部外品、食品の3つに分類されます。

 

医薬部外品、あるいは食品に分類されるのど飴であれば、妊娠中に食べても問題ないといわれています。

含まれている成分には治療目的の成分が含まれていないので、赤ちゃんに影響する成分が含まれている可能性が低いからです。

ただ、のど飴によって含まれている成分が違うので、「絶対に安全」というわけではありません。

妊娠中にのど飴をなめる場合は、担当医の先生やドラッグストアの薬剤師さんに確認をしてから購入するようにしましょう。

 

④ 内科を受診

妊娠 pregnancy 妊活・妊娠中・産後までサポート【BABY葉酸~ママのめぐみ~】 

症状がつらい時は、内科を受診するのもありです。

産婦人科よりも効果的に治療をしてくれることがあります。

特に38℃以上の熱が高い場合は早めに病院に行って治療を受けることが先決です。

 

妊娠中期で感染症にかかってしまった!その症状や対処法とは?

妊娠中の生魚はホントにNG?魚を食べると子供の頭が良くなる!?