妊娠してから冷え性が悪化、悪阻や腹痛、吐き気に・・・

妊娠 pregnancy

私の妊娠が発覚したのは秋の頃でした。

秋にはまだ体の冷えを感じることは少なかったのですが、冬になるにつれてもとも冷え性の私は辛く・・。

 

それは、今まで以上にツライ吐き気や腹痛、そして悪阻が悪化していったからです。

冷えの症状が悪化したり、冷えから身体の不調につながることがあるのかご紹介していきます。

妊娠してから冷え性が悪化、悪阻や腹痛、吐き気に・・・

妊娠 pregnancy

妊娠発覚のころは秋だったので、まだまだ寒さは軽い時期。

まだ感じる寒さは少しだけでした。

しかし、そこから冬になるにつれて毎年感じている寒さとは比較にならないくらい・・「寒い!!」

 

私が住んでいるペルーの気候は冬でも最低気温が13℃くらいなので、日本の冬に比べたら秋くらいです。

ここ数年過ごしたペルーの冬では眠るときも布団1枚で十分。

外出するときに手袋を使うことはほぼない状態。

 

それなのに!

妊娠が分かった年の冬はとにかくツライ・・布団1枚じゃ足が冷えて眠れず、2~3時間入眠できないのが日常になってしまったくらいです。

今まで着ていた服にプラス2枚くらい着ないと外出できない。

ペルーの冬でも辛かったので、日本の冬となると相当ツライのでは・・・!?と思いました。

 

しかも、寒さだけならまだしも、寒さによって悪阻の症状が悪化するんです。

吐き気、腹痛がいつもの2倍増しくらいに強くなります。

「今日は体調いいかも♪」と思って出かけても、寒さによってすぐ「う・・・気持ち悪い」と体調悪化でダウンしてしまいました。

 

はじめは寒さによる体調不良と気づかなかったのですが、体が冷えている時に限って体調が悪くなっていたので「もしかして?」と気づきました。

調べてみると、妊娠中に体が冷えるということはお腹の張り、早産につながることがあるそうです。

手足のむくみ、腰痛の悪化、下痢、つわりの悪化といったトラブルも発生しやすくなるとか。

まさに、寒さや冷えは妊娠中の大敵と言えます。

 

妊娠して冷え性が悪化する理由

妊娠 pregnancy

妊娠中のン中に冷え性が悪化する理由は大きく分けて2つあります。

妊娠初期には「ホルモンバランス」が影響し、妊娠中期以降はお腹が大きくなることで姿勢が悪くなるからだそうです。

 

妊娠初期はツワリをはじめとするトラブルが起こってとっても大変ですよね。

それは「冷え性」にも関係してきます。

「体の変化→自律神経が乱れる」といった流れで冷え性になることがあるそうです。

 

確かに、悪阻中は「ツライ・・・」と心身共にストレスがたまりやすくなります。

自律神経が乱れやすくなるのも納得です。

そこから冷え性につながるとなると、予防するのはとっても大変です。

 

また、妊娠中期以降はお腹の大きさによって姿勢が悪くなったり、凝ったりして血行不良が起こりやすくなります。

そうなると手足は冷えてしまいますよね。

骨盤に負荷がかかる妊娠中は冷え性になりやすいと言えます。

 

この2つの原因を見ると「妊娠中に冷え性になるのは仕方がないのかな?」とも思ってしまいます。

・・・・が!

できれば冷え性とはサヨナラしたいですよね。

できるだけ冷えを感じないようにするためにも、冷え性対策をしっかりするのが大切になります。

 

妊娠中の冷え性を改善する方法

妊娠 pregnancy

妊娠中の冷え性をできるだけ改善し、予防するためには「冷え」を防ぐことを徹底しましょう!

特に手足やお腹が冷たい時、お腹が張っている時は要注意です。

そこから腹痛や下痢などを引き起こしかねません。

 

私が行ってみたのは次のような方法です。

万人に効果があるとは言えませんが、手軽に試せることなので「冷える」という時はぜひ試してみてください♪

 

  • 腹巻や服でお腹周りをしっかり温める
  • 湯たんぽを使う
  • レッグウォーマーやモコモコ靴下を履く
  • 湯船に浸かれる場合は湯船、無理な時はシャワーだけでもあびる

 

腹巻や服でお腹周りをしっかり温める

とにかくお腹を冷やさないようにすることで体調不良を予防したので、お腹周りを温めることが大切です。

腹巻をしたり、いつも着ている服でもお腹周りをしっかりと温めるようにするだけで、体の感じ方が全然違います。

家にいる時だけでなく、特に外出時の服装には気をつけることをおススメします。

 

湯たんぽを使う

あまり体が冷えていないと感じていても、眠れないときなどは足が冷えている可能性があります。

「なんだか最近眠れないな~」という時は、湯たんぽを試してみることをおススメします。

 

私は毎日2~3時間眠りにつけなくて、ベットでウトウトするのに眠れない日が続いていました。

そんな時、「湯たんぽ使ってみようかな」と軽い気持ちで使うと、アッという間に眠れてしまったんです。

翌日になってやっと「足が冷えてたから眠れなかったんだ」と気づきました。

 

体の冷えを自覚していない時でも、なんらかの不調が起こっている可能性があります。

湯たんぽで温めてみるのもおススメですよ♪

 

レッグウォーマーやモコモコ靴下を履く

足首をしっかりと温めることで、下半身の血行を良くすることにつながります。

モコモコ靴下や、レッグウォーマーを履いてみると温かめやすいですよ♪

ただ、真冬などはそれでも間に合わないことが多いので、眠るときは「湯たんぽ+靴下」などで対応するのも1つの手。

 

とにかく足元は厚着をしておくことをおススメします。

ただ、滑って転んだりするのも危ないので、モコモコ靴下を履く際は裏に滑り止めがついているものだったり、スリッパをはくようにすると良いかと思います。

 

湯船に浸かれる場合は湯船、無理な時はシャワーだけでもあびる

妊娠初期は難しいかもしれませんが、入浴やシャワーで体を温めてあげるのはとても大切です。

ドクターからストップがかかっていないのであれば、できるだけ湯船に浸かりましょう。

 

私の場合は湯船がペルーにないので・・・(悲しい)、シャワーでなんとか体を温めていました。

血行も良くなるし、冷え性を一時的にでも改善できるので体の調子も良くなります。

ただ、悪阻中や貧血がある場合は要注意です。

無理をしない範囲で入浴やシャワーを済ませましょう。

妊娠中に飲むべき、おススメの種類の水はどれ?

妊娠中期以降、欠かせない栄養素は鉄分!?頭痛や吐き気に悩むママは必見