臨月・正産期に赤ちゃんが降りてくるためにできる、5つのこと!

妊娠 pregnancy

臨月を迎え、正産期に入ると気になるのは赤ちゃんが降りてくるかどうか。

赤ちゃんとママにとって、ちょうどよい時期に生まれてくれると嬉しいですよね。

赤ちゃんが降りてくるためにできることが5つあるので、それをご紹介していきます。

 

 

臨月・正産期に赤ちゃんが降りてくるためにできる、5つのこと!

妊娠 pregnancy

臨月に入り、私も明日から正産期です!

先生には赤ちゃんが少しずつ降りてきてるけれど、まだ骨盤にはハマってないから様子みようね、と言われています。

ただ、ペルーでは予定日になっても頭が骨盤にハマってなかったら強制的に帝王切開になる可能性が大!

 

無事に生まれてきてくれたら生まれる方法は何でもいい!

でも、生まれた後の育児を考えると自然分娩で産めたらいいな〜というのが本音です。

なので、少しでも赤ちゃんが降りてきて、骨盤にハマってくれることを期待して、良いとされる5つのことを試して見ようと思います。

 

赤ちゃんが降りてくるためにできる、5つのこと!

    1. 歩く
    2. スクワット
    3. 床拭き掃除
    4. 階段の上り下り
    5. ヨガ

 

歩く

「まだ時間かかりますね〜」と言われた経験のある経産婦さんたちが、長めの距離を歩いたら陣痛が来た!という経験談が多いんです。

無理をして何時間も歩くのは良くないですが、いつもより少し長めの距離を歩いてみたりすると良いかも♪

 

スクワット

スクワットは歩くよりももっと効果が期待できるとされています。

その理由は、上下の動きが入るのでお腹が張りやすくなるからです。

子宮の収縮が進みやすいということですね。

 

間違ったやり方は危険なので、正しい体勢で行うことが必須。

ちょっと難易度は高めだけど、効果を求めるならスクワットが良いそうです。

 

床拭き掃除

床掃除も上下運動が入りますよね。

それに、お腹が床に向かった状態になるので、腰への負担も軽減しながら運動ができると言われています。

ちょっと、いや、かなりしんどいですが・・・。(笑)

勇気を出してやってみるのはありです。

 

階段の上り下り

スクワットと同じで上下運動が入ります。

そのため、下半身とお腹周りの筋肉が使われるので良いそうです♪

足元が見えなくて危険もあるので、上りは階段で、下りはエスカレーターやエレベーターを使うのがオススメ!

 

私は毎日5階のマンションに上り下りしていて(階段しかなかったので)、赤ちゃんも順調に下りてきてると言われました。

もしかしたら階段効果かも!?です。

 

ヨガ

マタニティ専門のヨガを担当している友達に教えてもらったポーズ!

赤ちゃんに降りてきてもらうため、そしてママである私達がリラックスするためにオススメなんだそうです。

そのポーズがコチラ!

ヨガのポーズ

カンタンにできるものなので、寝る前などに試してみるのもありだと思います。

私も時々トライしています。

 

ちょっとやそっとの運動では効果なし!?

妊娠 pregnancy

運動をすると子宮が収縮してお腹が張ります。

すると、子宮の入り口が広がっていくので出産が早まると言われています。

 

ただ、ちょっとやそっとの軽い運動では陣痛に繋がるような張りは起こらないそうです。

例えば10分や15分くらいの軽いウォーキングとかがそう。

確かに、私も妊娠中期や後期に入ってからガンガン歩いてるけれど、陣痛は来てないし出産が早まるという効果はなさそうな気がします。

 

運動の目安は「筋肉痛になるくらいまで」が良いと言われているそうです。

 

ただし、これにも個人差があります。

例えば、だいたいスクワットの目安は1日3回程度。

 

でも・・・

私もそうですが、これまで運動をしてきたママや、体力があるママにとっては「筋肉痛になるくらい」ってかなりの運動量になる人もいると思います。

3回程度のスクワットじゃ効果を感じられない可能性も大。

その場合は無理のない範囲で、自分自身で調整する必要があります。

 

ちょっとやそっとのウォーキングじゃ効果がないんだったら、ガンガン運動するというのも考えもの。

効果の高い運動を優先的に取り入れつつ、無理のない範囲で行うが理想的です。

「歩く<スクワット」で効果に差があるので、上下運動を取り入れつつ適度な範囲で行いましょう。

 

赤ちゃんの様子も見ながら行う

妊娠 pregnancy

赤ちゃんの大きさが週数に比べて小さい場合は、赤ちゃんが栄養をうまくもらえていない可能性があるそうです。

その場合はママが運動をして自分でエネルギーを使ってしまうと、赤ちゃんの体重が増えていかない場合も・・・。

赤ちゃんの様子を確認しながら、先生と相談してみてください。

 

逆に赤ちゃんの体重が大丈夫そうであれば、先生と相談して運動を開始してみるのもあり。

私は36週の段階で赤ちゃんが3kgだったので相談してみると、「もちろん!歩いてくださいね〜」と言われました。

ただ、他の先生にも相談してみると「無理をして運動をする必要はないですよ」とのお答えも。

 

先生や赤ちゃんによって返答も違うと思うので、それによってママがどうするべきか考えましょう。

 

私の場合は赤ちゃんの体重も十分だし、「運動したかったらしてね♪」くらいのスタンスだったので。

帝王切開を避けるためにペルーでは予定日を過ぎたらダメだ!という意識もあるたため、良いと言われる運動は試してみようと思います。

とりあえずスクワットを毎日することからはじめてみます!

 

効果があったら再度記事を書きますね〜♪