妊娠中の体重管理、日本は厳しいってホント!?

妊娠 pregnancy

妊娠中って体重管理がかなり大変ですよね。

病院でもいろいろと言われるし・・・。

でも、これって日本だけなの?日本だけ厳しいってホントなの?と思ったりすることも。

そこで、私が住んでいるペルーでのお話もしていけたらと思います。

 

 

妊娠中の体重管理、日本は厳しいってホント!?

妊娠 pregnancy

日本の病院で出産をする際、体重に関して指摘を受けたという話をよく聞きます。

ただ、日本にいる私の友人たちも最近出産ラッシュなのですが、意外と「体重制限受けて~」という話はあまり聞かないんです。

多分話に出さないだけなんだろうと思いますが、一緒にランチなどをしてもデザートを一緒に食べるし、ぎちぎちに管理している感じではありません。

 

じゃあ、一方私の住んでいるペルーはというと。

 

そこそこ厳しいかな・・・でも、先生によるかも!という感じです。

 

実際、6カ月か7ヵ月の検診の時に3kg増えていて、さすがに先生に怒られました。(笑)

「ちょっとこれ限界よ!次また同じくらい増えてたら自然分娩できないからね!野菜、フルーツにしたりして、チョコレートとか甘いものは控えて」と、かなりご指摘を受けました。

ペルー人ってふくよかな方が多いし、妊娠前から大きな方が多いから体重制限にはゆるいのかと思っていたら、私の先生は厳しかったです。

 

私がなめてました。(笑)

でも、これは日本でも言われることのようですね。

1ヵ月の間に増えすぎると、その後に病気などの問題が出てくる可能性があるので、急激な体重増加は防がなければなりません。

 

それに、私の先生は妊婦さんの間で評判の良い人気の先生。

言われていることはごもっともで、「このまま毎月3kgずつ増えていったらトータルで何キロ増やすんですか?問題ですよ!」とのこと。

確かにトータルで考えると目標の数値内に収めることはできないし、急激な体重増加は糖尿病や中毒症のリスクが上がってしまうので、体重の増えすぎは良くありませんよね。

 

私の日本に住む友人たちも、私と同じように急激な体重増加がなければ特に問題はないといわれているそうです。

私が思う限り、日本の体重管理が厳しすぎるということはなさそう。

体重管理が厳しいのは糖尿病や中毒症のリスクをあげないために、急激な体重増加に関してだけ厳しいようです。

日本の妊娠中の体重管理、厳しくしているのは自分自身!?

妊娠 pregnancy

ただ、私が思うのは妊娠中の体重管理を厳しくしてるのはママ自身ではないかな?と思います。

他の国に比べて日本人って華奢だし、体型に関してもかなり厳しいです。

海外でのやせ型が日本ではぽっちゃり体型ですからね。

 

日本人女性はやっぱり、産後のことを考えてきっちり管理している人が多い気がします。

妊娠中に厳しく体重管理をしておくことで、赤ちゃんのためにもなるし、産後の体型を維持しやすくなりますよね。

それに、日本では「太りすぎは良くない」という価値観が根付いていることから、ママたちも「体重管理頑張らなきゃ!」と思っちゃうんだと思います。

急激に増えすぎなければ目標数値内の体重増加は問題ないし、先生からもそんなに厳しく言われることはないはずです。(病院や先生によるかもしれませんが)

 

ただ・・・

ヨーロッパなどは体重を好きなだけ増やしても良いという傾向があるようで、それに従ったママは「産後に体重が戻らない」「体型がヤバい・・」と嘆く結果になることも。

そういったことを考えると、日本人の体重管理の意識はすごい!

先生から怒られない程度の健康を保てる体重増加範囲内で、かつストレスをためないで過ごせる体重管理ができたら理想かな、と私は思います。

 

日本では体重管理が厳しいというけれど、結局は「問題のない範囲」での体重管理はママ自身の厳しい管理への気持ちなのでは!?という印象があります。

先生から問題という指摘を受けていないのであれば、やっぱり厳しくしていうのはママなのかも。

でもその危機意識ってとっても大切だと思うので、ママや赤ちゃんに悪影響がないのであれば良いことだと思います。

私も日本人としての危機意識が働いているおかげで、今のところ3kg増えた後の体重増加はほとんどありません。(めっちゃ頑張ってます。笑)