妊娠をエコーで確認できた、でもそれで「おめでとう」じゃない!?

妊娠 pregnancy

妊娠していることを病院の尿検査で確認した後、エコー検査がありますよね。

でも、それで「おめでとう」じゃないって知ってましたか?

私の先生はある日が来るまでは「おめでとう」と言ってくれませんでした。

その理由をご紹介していきます。

 

 

妊娠をエコーで確認できた、でもそれで「おめでとう」じゃない!?

妊娠 pregnancy

私も驚いたのが、エコーで妊娠を確認した後に先生に言われた一言でした。

 

来週もう1回エコー確認して、赤ちゃんの姿が見えなかったら流産ということで処置をしないといけません。

 

ということだったんです。

男性の先生だったからなのか、今思えば全然デリカシーのない一言だったので、今は担当の先生を変えてもらいました。(笑)

どうしてこういったことを言われたのか、詳しい経緯をお話ししますね。

 

妊娠の陽性反応が出てからの流れ

妊娠 pregnancy

妊娠の陽性反応が出て、病院での検査を受けます。

その際にまずは子宮外妊娠ではないかどうか、エコーで確認。

妊娠の週数によって確認できる様子が全く違います。

 

妊娠週数 子宮内の様子
妊娠5週くらい
  • 妊娠が確認できる
  • 子宮内に妊娠しているかどうかを確認
  • 胎嚢が見られる
妊娠7週
  • 赤ちゃんの心拍が確認できる
  • 子宮外妊娠だと、この頃から出血がはじまる
妊娠9〜12週 赤ちゃんの大きさがハッキリして、今現在の週数や出産予定日が変更されることがある

 

妊娠をすると、まず赤ちゃんが入る袋が子宮内で用意されます。

その袋のことを「胎嚢(たいのう)」というのですが、この胎嚢が1番最初に確認することができます。

私がはじめてエコー検査を受けた時は、この胎嚢だけが見られた状態でした。

 

この胎嚢の中に赤ちゃんの姿が確認できないと、妊娠しているとは言えません。

妊娠は「胎嚢確認 → 赤ちゃんを胎嚢の中に確認 → 心拍確認」と、3つの段階を終えてからやっと妊娠確定となります。

そのため、はじめてのエコーの後に先生から言われたのが「赤ちゃんの姿が来週確認できなければ、流産処置をしないといけません」という言葉でした。

 

早い人だと妊娠5週から赤ちゃんの姿を確認できることもあるようですが、私の場合はダメでした。

そして次の週····

エコー検査はめちゃくちゃ緊張!

 

妊娠6週の終わりくらいで、赤ちゃんの姿を確認できました!

しかも、心拍も確認することができたので、心音を「ドクドクドクドクドクドク」という早い音が聞けて感動!

 

豆粒みたいな小ささなのに、しっかりと心臓の音が聞こえて、涙がボロボロこぼれました。

 

そして!!!

はじめてこのエコー検査の後に先生から「おめでとう」と言ってもらえたんです。

後から知ったのですが、心拍が確認できたら妊娠が確定になるらしく、それからはじめて産婦人科の先生は「おめでとう」と言ってくれるそうです。

 

陽性反応=妊娠じゃない厳しい現実

妊娠 pregnancy

陽性反応が出たら妊娠している、と思ってしまいますよね。

でも本当はそうじゃないし、妊娠をずっと待ち望んでいて陽性反応が出た→でも違った、ということがあるのは本当に厳しいです。

お腹の中に受精卵があったとしても子宮外妊娠だったり、胎嚢の中に赤ちゃんができなかったり···

 

はじめて妊娠するまでは、陽性反応=妊娠だと思っていたのでびっくりです。

そして検査のたびに緊張しました。

特に妊娠初期はいつもドキドキでした。

 

お腹の中でちゃんと生きてるかな?大丈夫かな?と、病院の前は緊張ばかり。

胎動が感じられるまではそんな日が続きました。

 

でも、妊娠後期になった今も安心できる日はほとんどありません。

妊娠中ってどんなトラブルがあるかわからないし、無事に生まれて来てくれるまでは安全とは言えないからです。

ママになるってこんなに大変なんだな、と今は改めて経産婦さんたちの偉大さを感じています。