妊娠が分かったら葉酸!でも、いつまで飲み続けるべき?

妊娠 pregnancy

妊娠がわかったら、葉酸を飲んでくださいね~とドクターから言われることがあります。でも「葉酸ってなに?」と思いますよね。私は『え?葉酸ってなに?葉っぱ?』って思いましたよ。(笑)

 

ビタミンとかカルシウムとかなら理由がわかるけど、「葉酸」って聞きなれない栄養素です。でも葉酸の凄さがわかると、摂取する大切さ、その理由になっとくです。妊娠中に葉酸をいつくらいまで摂取を続けたらいいのか知っておけるともっと安心ですね♪

 

妊娠が分かったら、葉酸を飲む!その理由とは?

私の場合は妊娠がわかったら、ドクターに「葉酸のサプリメントを飲んでくださいね~」と言われました。葉酸ってあんまり聞いたことがない栄養素ですが、妊活をしている女性や、妊娠した女性には必須の栄養素だそうです。

 

葉酸を摂取することで、次のような効果が期待できます。

 

  1. 赤ちゃんの二分脊椎症などの神経管閉鎖障害(新生児障害)の発症リスクを減らす
  2. 赤血球の形成の働きを助ける

 

妊娠初期は細胞分裂がさかんに行われるので、この時に赤ちゃんの大まかな細胞や内臓が作られていきます。この時期に新生児障害の発症リスクが高まると言われています。そのため、妊娠初期からしっかりと葉酸を摂取しておくことで、赤ちゃんの発育に必要な働きを助けてくれるのです。

 

赤ちゃんに起こる先天異常の多くは、妊娠直後から10週以内に発生しています。

 

そのため、「あれ・・・?妊娠してるかも・・・?」と、気づくのが遅れると、その分妊娠への対応が遅れてしまいます。妊娠を希望している場合は、そういったリスクを減らすために妊娠をする前から摂取しておくことが推奨されているんです。

 

私の場合は、予想外の妊娠だったので葉酸は摂取していませんでした。

 

ドクターからは「できるだけ早めに摂取してね~」と言われたのです。赤ちゃんのことを考えたらできるだけ早めに葉酸を摂取するのが良さそうですよね。

 

葉酸を正しく摂取するタイミングや、飲み方とは?

妊娠 pregnancy

葉酸を正しく摂取するためには、大切なのは「分量」と「飲むタイミング」が重要らしいです。妊娠中に必要な葉酸の量と、飲むタイミングとしては次のようにするのがおススメ。

 

分量 : 400μg(本来は合計640μg)

飲むタイミング : 食間、あるいは就寝前

 

空腹時にサプリメントを摂取すると、体への吸収率が高まるとされています。

 

また、就寝前に摂取すると成分が血液に吸収されやすい状態を作っているので、サプリメントの効果を発揮しやすくなるといわれています。私は食べづわりがあるので、いつも就寝前に飲むようにしています。購入する葉酸のサプリメントに記載されている場合は、それに合わせて飲むようにしましょう。

 

 

1日に必要な葉酸の摂取量

妊娠 pregnancy

妊娠をした場合、厚生労働省がすすめているのが1日400μgの葉酸を摂取することです。ただし、葉酸は毎日の食事(主に緑黄色野菜や肉など、さまざまな食材)から摂取することができます。そのため、平均して日本人成人女性は240μgの葉酸を食事から摂取できている調査結果があるそうです。

 

そのため、サプリメントからの摂取量は400μgが推奨されていますが、本来は食事からの摂取を含めて、合計640μgを毎日摂取する必要があるのです。

 

ただし、この合計640μgという数字は、妊娠3ヵ月までの数字なんです。妊娠初期、中期、後期の時期によって、葉酸の必要摂取量が違います。特に妊娠中期や後期になると、葉酸ももちろん必要ですが、「鉄分」が通常時の2倍以上も必要になります。

 

そのため、サプリメントで葉酸を摂取する場合は、妊娠の時期に合わせて摂取するサプリメントを調整する必要があります。

 

妊娠初期と、妊娠中期以降に摂取する栄養素のバランスを考えることが大切だということです。

 

う~ん、でもサプリメントのどれが良いとか、どんな栄養素が必要とか、考え始めたら意味がわからない・・・。

 

って思っちゃったりもしますよね。ってことで、もう少しわかりやすく表にまとめてみてみましょう。

 

妊娠時期に合わせて摂取するべき栄養素の目安

妊娠初期 妊娠中期・後期
  • 葉酸 640μg
    (サプリメントで400μg、通常の食事から240μg)
  • 葉酸 240μg
  • 鉄分 20mg
  • ビタミンC(鉄分の吸収をアップさせるため)

 

妊娠初期と中期以降では、このように必要な栄養素のバランスが異なります。葉酸は初期から授乳期まで、ずっと必要な栄養素です。ただ、他の栄養素が妊娠中期以降必要になってきます。

 

特に妊娠初期の終わりごろから、妊娠中期に入るころには貧血を感じやすくなります。実際に私も頭痛や吐き気を感じました。そのため、妊娠初期でも葉酸だけでは追いつかない・・・と感じる部分もあります。

 

鉄分やビタミンを葉酸と一緒に摂取することで、体調を整えて過ごしやすくしてくれます。また、ビタミンやカルシウムなどが妊娠中期以降はどんどん不足していきます。

 

すると、シミやシワなどのリスクがドーンとアップするそうなので、せっかくサプリメントを飲むなら葉酸と一緒に栄養素を摂取するのが良いです!

 

そこで、何か良いサプリメントはないかな~?と探していたところ、葉酸や鉄分、ビタミンなどがバランスよく含まれているサプリメントを発見!妊娠初期から後期まで、ずっと1つのサプリメントで栄養素を賄えるものです。

 

時期別に「このサプリ」「あのサプリ」って考えなくても良いのがとっても楽♪

 

私は即決で「妊活・妊娠中・産後までサポート 【BABY葉酸~ママのめぐみ~】 」にしました。赤ちゃんにとっても、ママにとっても大切な栄養素!バランスよく配合されていて、難しく考えなくても良いのが便利です♪

 

【BABY葉酸~ママのめぐみ~】の口コミや評判はコチラ!

妊娠中、葉酸はいつまで飲むのが正解?

妊娠 pregnancy

妊娠中って実際いつまで葉酸を飲み続けるの?と思いますよね。それが、妊娠中から授乳中まで葉酸の摂取はやめることができません。時期別に必要な葉酸の量は次の通りになっています。

 

時期 葉酸の目安量の合計 食事からの摂取量 サプリからの摂取量
妊活中、妊娠3ヶ月まで 640μg 240μg 400μg
3ヵ月以降 480μg 240μg 240μg
授乳期 340μg 240μg 100μg

 

食事から摂取する目安の量を葉酸240μgとして計算されています。そのため、それで足りない分をサプリメントの葉酸で補うようにするのが推奨されています。

 

葉酸は水溶性の栄養素なので、たくさん摂取しすぎたとしても、尿と一緒に排出されるので問題ありません♪

 

逆に、加熱などに弱いため、食事などで必要量を摂取するのが難しいとされているくらいです。なので、飲み過ぎを心配するよりも、足りない場合の心配をする方が良いとのこと。

 

妊娠中だけでなく、授乳中にも葉酸を摂取する方が良いとされています。葉酸って、赤ちゃんと大きくかかわっている栄養素なんですね~♪

 

ときどき病院の先生には「中期以降は葉酸はいらないよ」と言われることがあるそうですが、栄養士さんなどの観点からすると「中期以降も必要」とのことでした。なので、私個人的には授乳が終わるまでは葉酸を飲んでいきます。旦那さんも、毎日私が葉酸を飲んでいるかチェックするくらい重要視されています。(笑)

 

特に妊娠初期は赤ちゃんの病気や障害のリスクを減らすために、葉酸が不足するのは良くありません。海外ドクターも、「葉酸だけは欠かさず飲んでね」と強く言われるほど。ママも体を大切にするために、葉酸を摂取するのは良いことだと私も思います。

 

【BABY葉酸~ママのめぐみ~】の口コミや評判はコチラ!