妊娠して股関節がかたくなった、出産は股関節の柔らかさが重要!?

妊娠 pregnancy

妊娠初期のつわりを乗り越えつつある時、タイミングを見てストレッチをしてみました。

すると・・・「あれ、股関節がめっちゃかたくなってるやん!」とびっくり!

 

妊娠すると股関節がかたくなるのか!?と疑ったのですが、それはどうやら違うようです。

でも、出産の時に股関節の柔らかさは重要らしいので、今回は股関節についてお話ししていこうと思います。

  • 妊娠して股関節がかたくなった、その原因とは?
  • 出産は股関節の柔らかさが重要!?
  • 股関節を柔らかくするために、妊娠中でも行えること

 

妊娠して股関節がかたくなった、その原因とは?

妊娠 pregnancy

妊娠初期、つわりの落ち着いたタイミングでストレッチをしてみると、股関節が「か・・・硬い」。

妊娠前は頻繁にスポーツをしていたので、ストレッチも欠かさずしていました。

なのに、今までストレッチできていた広がる範囲の3分の2くらいになっていたんです。

 

「あれ・・・?なんでこんなに体がかたくなってるの?」

と、私はショックでした。

で、あることを知ったんです。

 

妊娠初期って、つわりの影響や切迫流産の可能性があって動けないことがありますよね。

実は私も、妊娠7週目の検診時に子宮内に血種があったので、ドクターから「3日間は、絶対に歩かない、動かない、何もしないで」と言われました。

その後、1か月後の検診までは「運動禁止、走るの禁止、重いものを持たない」などなど、要するに【絶対安静】を支持されたのです。

 

しかも、つわりの影響もあったため、ほとんどベッドから起き上がることができませんでした。

ご飯を食べる時以外はベッド、というのが日常になっていたので、最低限「歩く」という行為すらしておらず・・・。(笑)

気が付いたときには、股関節がかたくなるくらいまで体が劣化していた、ということなんです。

 

出産は股関節の柔らかさが重要!?

妊娠 pregnancy

股関節がかたくなったのがショックすぎたので、いろいろ調べていると「出産」に関係していることがわかりました。

ただ股関節がかたくなるだけならマシですが、出産にも関係するのであれば気になります。

 

実は、股関節が柔らかい方が安産につながると言われているそうです。

(ほんとかな・・・?と疑いたくなりますが。(笑))

骨盤や股関節が柔らかいということは、骨盤が広がりやすく、赤ちゃんがっ通りやすくなります。

 

そんなこと言われたら・・・股関節の柔らかさを摂り戻すしかない!

そう心に決めた私!

股関節のかたさチェックがあったので、気になる方はコチラでチェックしてみてください♪

 

股関節のかたさチェック

  1. 仰向けになって、両膝を曲げて両手で抱えた時と、片足ずつ曲げた時、膝は胸に付きますか?
  2. 片足は伸ばしたままで、片足の膝を曲げてみて、伸ばした脚(膝)や腰(お尻)が浮かず、曲げた脚の膝が床にくっつくくらい開いてますか?
  3. 両足の指先を持って脚を開いてみた時、股関節に痛みはありませんか?
  4. 正座、またはおかっこ座りの状態で仰向けになれますか?

 

この4つの項目は、最低ラインだそうです・・・。

さらに、骨盤が歪んでいる場合は股関節がかたくなったりしやすいそうです。

次に当てはまる方は要注意とのこと!

 

  1. 脚をよく組む
  2. 無意識にお姉さん座りをしている
  3. 骨盤を後傾させて座っている(骨盤を後ろ側に倒し、猫背の状態)
  4. 階段を使わない
  5. 床掃除は掃除機などで済ませ雑巾がけはしない
  6. 生理痛がひどく痛み止めを毎月飲んでいる

 

私もチェックしてみたところ・・・。

柔らかさチェックでは一応クリアしたのですが、骨盤のゆがみチェックが危ない!

意識をしていないと足を組んでしまうし、生理痛も毎月ひどかったからゆがんでいる可能性が高そうです。

 

これややっぱり・・・危ないかも!安産のために頑張らなければ!

と、意気込んだので、とりあえず妊娠中でもできることにトライしてみました。

 

股関節を柔らかくするために、妊娠中でも行えること

妊娠 pregnancy

妊娠中は通常時に比べて赤ちゃんのことを気にかけて動かないとダメですよね。

だから、妊娠前みたいに「なんでもOK!さあ始めよう!」なんてことはできません。

ですが、妊娠中でも股関節を柔らかくする努力はできます。

 

ドクターから「運動やストレッチをしてもOKだよ」という指示があれば、はじめてみるのが良いかもしれないです。

私も4か月目の検診で「運動してもOKだよ」というゴーサインをいただいたので、レッツチャレンジです!

妊娠中でもできる、股関節を柔らかくする方法は主に3つあります。

 

  1. マタニティヨガやストレッチ
  2. マタニティ向けの指圧を定期的に受けて、骨盤や股関節をほぐす
  3. 毎日歩くことをこころがける

 

① マタニティヨガやストレッチ

 

体に負担のかからない、優しいストレッチが良いそうです。

無理をすると体に負荷がかかって、赤ちゃんにも影響が出てしまうことがあるから!

自己流ではなく、できればマタニティ教室などで教えてもらうのがおススメです。

 

私は海外にいるので、できれば日本語で説明しているものがいいな・・・と思ってYouTubeを見ていると、意外と多くの方がアップされていたりします。

専門家の方もアップされている方がいるので、そういった方の動画を参考にするのが良いかな~と思います。

 

② マタニティ向けの指圧を定期的に受けて、骨盤や股関節をほぐす

 

マタニティ向けで行ってくれる指圧があるので、そういった専門家のところに行くと安心ですよね。

子宮に影響のあるツボや、避けるべきポイントなどもあるそうなので、一般的なところに行くよりはマタニティ専門が良いのでは?と、個人的には思います。

 

③ 毎日歩くことをこころがける

 

毎日歩くことを心がけるだけで、股関節や骨盤がかたくなることを予防できるそうです。

「え、これが一番簡単じゃん!」

ということで、これは毎日実践することに決定!(笑)

 

1日の目安は30分程度だそうです。

なので、近所に買い物に行ったりするときに「歩く」ということを心がけたら良いのかな、と思います。

 

私は股関節を妊娠前と同じくらい柔らかくするために、いや、せっかくなので、それ以上を目指して!

毎日ストレッチと歩くことを実践しようと思います。

そして、安産のからだになれ~!なれ~!