妊娠中に蕁麻疹ができた!その原因と改善方法とは?

妊娠 pregnancy

妊娠中に蕁麻疹ができる、という話は時々耳にしていました。

妊娠中にできる蕁麻疹の場合は「妊娠中ずっと痒い」というイメージがあります。

 

しかし、私にできた蕁麻疹はちょっと変わり者。

その原因と改善方法をドクターに教えてもらったのでご紹介します。

画像もアップしているので、見たくない方はここから先は読まないことをおススメします。

妊娠中に蕁麻疹ができた!

妊娠 pregnancy

妊娠中期に入ってからお腹が大きくなり、お腹の乾燥や張りも以前より強くなった感じがしています。

妊娠初期からしっかりと保湿はしてきたので、お腹に「かゆみ」などはほとんど感じていません。(→妊娠線予防はいつから?予防できる具体的な方法とは?)

ただ・・・気になるのは蕁麻疹なんです。

 

私の場合、お風呂上りになると蕁麻疹が出て、しばらくすると消えるような症状がでました。

お風呂上りにしっかりと保湿をするので「かゆみ」はほとんどありません。

ただ、時々かゆいくらいです。

蕁麻疹の画像も参考になるようにアップしておきますね。(見たくない方、すみません)

 

 

こんな感じで、お腹の横側にブツブツと赤い感じの蕁麻疹が左右両方にできました。

クリームを塗った直後なのでテカテカしていますが。(笑)

赤くて盛り上がった感じの蕁麻疹です。

 

妊娠中の蕁麻疹の原因と改善方法とは?

妊娠 pregnancy

担当のドクターにこの画像を見せたところ、次のような答えをいただきました。

これはアレルギー反応の一種ですね。

 

「え~!アレルギー反応!?」と思ってよく話を聞いてみると・・・。

食生活が関係しているようです。

 

私は今回の検診で体重が増量気味でした。

ドクターには「甘いもの食べてるでしょ?」と聞かれ、正直に答えるしかなく「はい・・」と答えた私。

 

このブツブツは脂質なんかを摂りすぎた時に出るアレルギー反応だと思いますよ。
え・・・・脂質!?

そう!だからちょっと甘いモノとか控えてね。そしたら治ると思うから。

 

と言われ、特に塗り薬などを出されることもなく。(笑)

「甘いものを控える」という指令が下されただけでした。

 

そしてこの検診から2日目、脱チョコレートをしてからのお腹に変化が!

確かにちょっと赤みが減ってるんです。

「あ・・・甘いもののせいだったんだ」と改めて痛感させられました。(笑)

 

体重管理もあるし、これからはチョコレートなどの甘いものは控えないと・・・です。

妊娠中期に体重増加!管理するには置き換えダイエットがベスト?

妊娠線をニベアの青缶で予防できる!?ニベアを使ってみた結果