妊娠中の胎動、肋骨を蹴られると痛くて呼吸困難に!

妊娠 pregnancy

妊娠中の胎動で、肋骨を蹴られると辛い!

赤ちゃんの胎動ってこんなに激しいものなの!?といつも驚かされます。

 

 

妊娠中の胎動、肋骨を蹴られると痛くて呼吸困難に!

妊娠 pregnancy

妊娠中の胎動っていつも幸せを感じさせてくれる、とっても愛しいもの。

ポコっと動くたびに「可愛い〜」と、我が子の存在を感じられて幸せです。

ただ、可愛いんだけど辛い・・・という胎動も。

 

妊娠8ヶ月に入ってから、右の肋骨付近で変な鈍痛が時々感じられるようになりました。

マラソンなどで走ったりしている時に胃が痛くなる感じの痛み。

でもそれが右側の肋骨部分に感じられるんです。

 

何この痛み!?え?ガン?(←大げさ。笑)

 

と、地味な鈍痛に時々ビビっていました。

この痛み、だいたい10分くらいでおさまる感じで、必ずいつも右側。

なんでかな〜?と思いつつ、ちょっと肋骨部部を触っていると・・・ポコッ!と胎動が。

 

その瞬間気づきました。

「あ!!!!我が子の胎動だ!!!!」と。(笑)

そう、肋骨部分を蹴るのではなく、グ~〜〜っと足で押していたんです。

 

だから10分くらいで痛みが軽くなってたんですね。(笑)

地味にこの痛みが辛くて、ちょっといた呼吸困難になりそうなくらいなんです。

でも、我が子にとっては私の肋骨が邪魔なのかな?

グーッと押して障害物をどけようとする感じ。(笑)

 

10分くらいすると疲れてやめるようです。

想像すると可愛いんだけど、痛いのは辛い。

 

どうして肋骨部分に足が届くの?

と、疑問に思うかもしれませんが、妊娠中の体内ってこんな感じらしいです。

出店
http://mahinamain.com/lesson/maternityyoga/

完全に肋骨まで届いてますよね。

活発に動く子であれば、肋骨部分を蹴ってもおかしくありません。

 

我が子の場合はエコーを撮ると、いつも頭が下側、足は上側でイラストのような感じです。

さらに、顔は右を向いています。

なので、体全体も右向きの状態をして丸まっているそうです。

 

その状態で足をキーーーっクってすると、当然右の肋骨に足が当たります。

私の右側の肋骨だけがいつも痛いのは、赤ちゃんの体の向きが右向きなことも関係しているようです。

もし片方だけの肋骨が痛い・・・と感じることがあるのであれば、体の向きが関係している可能性が大ですよ!

 

妊娠中の胎動で骨折の可能性も!?

妊娠 pregnancy

妊娠中の胎動で、肋骨を骨折するというケースもあるそうです。

確かに、妊娠中って赤ちゃんに必要な栄養素がどんどん送られているから、ママの骨なども弱ってしまいがち。

そんな時に強烈キックが来ると避けられませんよね。(笑)

 

ただ、実際に骨折をすると出産時に笑い事ではすまされないほど辛い状態が待っている可能性も。

それを避けるためにも、しっかりとカルシウムや鉄分を摂取するようにしましょう!

それが赤ちゃんのためにもなるし、ママの体を守ることにも繋がりますよ♪

 

私も毎日葉酸と一緒に鉄分を摂取しています。

そのおかげで貧血などの症状も感じないし、とっても助かってます。