妊娠初期に切迫流産、絶対安静時の暇を上手につぶす過ごし方

妊娠 pregnancy

妊娠初期に切迫流産を診断されてしまうと、絶対安静が指示されますよね。

そんな時、どうやって時間を過ごすかって大変。

私自身も時間の過ごし方に迷いました。(笑)

どうやって過ごすのか、私が暇をつぶしてきた方法をご紹介します。

 

妊娠初期に切迫流産、絶対安静時の暇を上手につぶす過ごし方

妊娠 pregnancy

妊娠初期に切迫流産と診断され、自宅安静を指示されました。

走るな、歩くな、家事をするな、重いものを持つな・・・などなど、要するに「トイレ以外ベットにいなさい」というもの。

なので、私はひたすらベットで過ごす毎日でした。

 

ベットで過ごすと、やっぱり暇なんですよね。

しかも私の場合、昼間に寝ちゃうと夜に寝れなかったので、昼間には寝ないようにしていました。

そうすると1日経つのがめちゃくちゃ遅い!

 

どうやって過ごすか毎日試行錯誤していました。(笑)

私が実際にしていた暇つぶしの方法はこんな感じ♪

 

  1. 動画配信でドラマや映画を見まくる
  2. 妊娠についての知らない知識を調べまくる
  3. 母子手帳を読む
  4. 旦那さんと話をする時間にする
  5. 安定期に旅行などをできそうなら、計画を立てる
  6. 実家の家族と電話する

 

① 動画配信でドラマや映画を見まくる

妊娠 pregnancy

やっぱりこれが1番の方法でした。

携帯で見れる動画配信サービスだったら、DVDなどを借りに出かけたり、返しに行く必要もないので助かる!

しかもドラマの放送時間に寝てたとしても、すぐに動画配信で見れちゃうから便利ですよね。

私はいろんな動画配信サービスを掛け持ちしてました。(笑)

 

動画配信サービス名 特徴
Netflix オリジナルドラマも多いし面白い(海外系が多いけど、日本のものも揃ってる♪)
Tver ドラマの放送後1週間以内は無料で配信してくれている(見逃しは絶対コレ)
Hulu オリジナルドラマが多いし、その内容がまた最高!(追加料金なしが魅力)
FOD フジテレビ系列なので作品には偏りがあるけれど、フジテレビ作品の過去作を見るならコレ
GYAO 4作品くらいを一定期間で更新しながら、無料で映画を配信してくれている
TSUTAYA 無料配信の動画数は少ないけれど、ポイントを使えば無料で見れるので新作なども見やすい

 

しかも、だいたい2週間〜1ヶ月くらい初めて登録する時は無料だったりするので、妊娠初期の間だけでも契約をしておくと格安で見ることができます。

私はかなり重宝しましたよ〜。

 

ちなみに海外からだと、Netflixは海外のものと契約する必要があります。

Huluは私の住んでいるペルーにはないので、日本のものと契約してVPNの契約だけしていました。

海外からだと日本の動画配信サービスのほとんどを見ることができないので、まずはVPNというサービスと契約しないといけません。

 

カンタンに説明をすると、日本で配信されている動画は日本国内でしか見れません。

海外にいながら動画を見るなら、「動画配信 → 日本のVPN → 海外」といったんVPNを経由してデータを受信するように設定します。

すると、「海外では見れません」という表示が出るような動画でも、VPNのおかげで見れるようになるのです。

 

VPNを使えばどの動画サイトも見ることができるので便利です♪

 

私が使用している「セカイVPN」だと月額1,000円だけなので価格も安め。

しかも使用開始から3ヶ月は無料なので、住んでいる環境によって繋がらないトラブルがあったとしても無料で解約できます。

なので「繋がらなかったのにお金かかった!」なんてことがないのがメリット♪

 

ただ、ちょっと設定が面倒なので頑張る必要があります。(笑)

時間があるし、暇だから〜という時に頑張ってみてください!

 

② 妊娠についての知らない知識を調べまくる

妊娠 pregnancy

妊娠初期に知っておくと便利なことってたくさんあります。

例えば、私は次のようなことをたくさん調べまくりました。

 

  • 自然分娩、無痛分娩と帝王切開のどれが良いか
  • 妊娠中に食べれられる食べ物や飲み物、食べられない食べ物や飲み物
  • 妊娠中に起こる可能性のあるマイナートラブル
  • 妊娠線のこと
  • 赤ちゃんが生まれる前にやっておくべきこと
  • つわりをどうやって軽くするか

 

などなど、時間が許す限り気になったことはとことん調べておきました。

そのおかげで、その後のだいたいのトラブルは「あ、これは妊娠中のことだから大丈夫」とあまり心配しなくてすんだことが多いです。

赤ちゃんが生まれるまで後少しだからこそ、妊娠中でもできることや楽しめることを見つけるためにも調べることは役にたちました♪

 

③ 母子手帳を読む

妊娠 pregnancy

母子手帳にもいろんな情報が記載されています。

また、産後の状態や赤ちゃんのことも書かれていたりするので、読んでおいて損はありません♪

 

私のもらった母子手帳はペルーで配布されているものなのですが「20年後」まで記録していくものです。(笑)

めっちゃ長い。

その分情報量も多いので読み応えはありました。

 

母子手帳の記載するスペースのもこの時期に書いておくと良いと思います。

特に妊娠してすぐの「どんな気持ち」なのかを書いておくと、後々思い出になりそうですよね♪

 

④ 旦那さんと話をする時間にする

妊娠 pregnancy

旦那さんが一緒にいられる時間は、旦那さんとの時間にすると夫婦仲もアップして一石二鳥!

私はよく旦那さんと一緒にベットで横になって話をするだけの時間をよくとっていました。

旦那さんも私が動けないことを分かっていてくれたので、できるだけ一緒にいられるように配慮をしてくれて嬉しかったです。

 

例えば、旦那さんの仕事が残っているのであればベットでパソコン仕事をしてもらったり。

同じ部屋にいてもらったり。

時間があればベットで話をしたり。

 

本当にささいなことでも、妊娠初期の不安な時期を乗り越えやすくなります。

特に切迫流産だと不安も大きいので、ふとした瞬間に涙が出たりしてしまうことも・・・。

そんな時、近くにいてくれるだけで心強いですよね!

 

2人でのんびり過ごせる時間も少ないことを伝えて、旦那さんも協力してもらって一緒にいる時間をつくることをオススメします!

 

⑤ 安定期に旅行などをできそうなら、計画を立てる

妊娠 pregnancy

安定期にお休みなどが取れそうな場合は、旅行の計画を立てておくのもオススメ!

時間がある分、しっかりと下調べができますよ♪(笑)

 

私個人的には妊娠5ヶ月後半〜6ヶ月目での旅行がオススメ!

妊娠5ヶ月に入りたてのころは、まだつわりが続いている可能性があります。

私もギリギリ終わっているような、終わっていないような・・という感じで、少し不安定な時期でした。

 

実際に妊娠4ヶ月最後の週〜5ヶ月の最初の週にかけて旅行に行ったのですが、ちょっとつわりがぶり返したりして辛い時間もあってちょっとキツイと感じるときも。

休む時間も必要だったりして、ホテルにいる時間も長かったです。

 

でも、妊娠6ヶ月に入ってからは超元気!

かなりこの時期は体が安定していたので、旅行に行くなら妊娠6ヶ月だ!と心から思いました。(笑)

それを過ぎると今度はお腹が張ったりして体が重たくなってくるので、旅行となるとしんどいかも。

 

⑥ 実家の家族と電話する

妊娠 pregnancy

実家から遠く離れていたり、家族と離れて住んでいる場合は電話をするのもアリ!

妊娠初期の不安な気持ちを正直に話せる相手だったら、ストレス解消にもなりますからね♪

 

私の場合は母と電話をすると、なぜかいつもケンカになるので妹と電話していました。(笑)

妹が仲介役になって母に私の情報も流してくれるし、一石二鳥!

時々祖父母とテレビ電話もして、顔を見せると喜んでくれていたので良い時間だったと思います。

 

家族と今までゆっくり話す時間がなかったな〜という場合は特にオススメです。

安定期に入ると動けるようになるので、また時間があっという間に過ぎてしまいます。

初期の動けない時期に連絡するのもアリですよ♪

 

妊娠初期はつわりとの戦いの時期でもある!

妊娠 pregnancy

妊娠初期は切迫流産や流産のリスクと戦いつつ、つわりと戦う時期でもあります。

つわりが本当に・・・・キツイ!

何もできなくなるってこういうことを言うんだな、と初めて思いました。

 

個人差はありますが、辛い人は入院までしちゃうくらい重度になることもあります。

「たかがつわりだから」と思わないで、辛い場合は病院に相談しましょう。

ペルーでは先生に「飲み薬もあるからね」と言われたりもしたし、海外では飲み薬を飲むケースも多いそうです。

 

結局飲み薬を1回だけ飲んだけど、あとは私もただただ耐えていました。

いつからは終わるつわり、無理をしないで辛い時は先生に相談してみましょう!

そして、上手に時間を使って妊娠初期の絶対安静な時期を過ごしてください。

 

不安だったけど、「きっと大丈夫」と思いながらすごしていたからか、私の絶対安静は1ヶ月で解除されたので、その後はつわりの終わりを待つだけでした。

赤ちゃんを信じて、自分の体を信じて不安を乗り越えましょう!