生後1ヶ月で生活リズムがバラバラだったけど、『それでも大丈夫』と今なら言える!

生後1ヶ月で生活リズムがバラバラだったけど、『それでも大丈夫』と今なら言える!

生後1ヶ月の時、どんな生活をしていたか振り返ってみるとかなり生活リズムはバラバラだったと思います。

 

当時は『これでいいのかな?』と心配していました。特に授乳に関しては初めての子供なので心配ばかり。

 

赤ちゃんが生後8ヶ月になった今なら言える『それでも大丈夫』の理由を書いていこうと思います。

 

 

生後1ヶ月で生活リズムがバラバラだった

生後1ヶ月で生活リズムがバラバラだったけど、『それでも大丈夫』と今なら言える!

うちの場合は起きる時間、授乳時間はすべて赤ちゃんに合わせていました。我が家のルールではこんな感じ。

 

  • 泣いたら授乳
  • 泣かなくてもだいたい1時間半〜2時間おきに授乳
  • 2〜3時間おきにおむつ交換(うんこをした時はその都度)
  • 寝る時間や起きる時間は赤ちゃん次第
  • お昼寝も赤ちゃん次第
  • お風呂は夜19時→授乳→夜の睡眠

 

ほとんど赤ちゃんの気分に合わせて生活している感じでした。うちの子はオムツが濡れても泣かない子だったので、オムツもだいたいの間隔で交換。授乳もだいたい1時間半〜2時間おきくらいにあげていたら泣くこともほとんどありませんんでした。

 

ただ、私が唯一時間を規則正しくしていたのは『お風呂』の時間でした。これだけはこだわりがあります。毎日きちっと同じ時間にお風呂に入れるようスケジュールを調整していました。

 

新生児の頃はお風呂→授乳をしてもまだ慣れない感じがしてましたが、生後1〜2ヶ月頃から習慣化された様子がありました。特にお風呂に入って体を拭いているとあくびをしたり、授乳をしたら寝るというリズムが体に刷り込まれていった感じです。

 

『お風呂→授乳』の時間だけは守って本当に良かったと今では強く思います。それについては後ほど詳しくご紹介しますね♪

 

こんな感じで、我が家は毎日バラバラの生活リズムで決まった時間に何かをするというのは、『お風呂→授乳』以外でほとんどありませんでした。

 

生後1ヶ月の理想的な生活リズムとは?

生後1ヶ月で生活リズムがバラバラだったけど、『それでも大丈夫』と今なら言える!

実は生後1ヶ月だと、『基本的には生活リズムを意識して整える必要ない』と言われています。ただ、朝に光を浴びることはが体内時計をリセットし、概日リズムをつけていくことに役立つとされています。

 

でも私が検診の時に『日光浴をさせた方が良いですか?』と聞いてみたところ、『その必要はありません。日焼けしちゃいますから』と言われてしまったことは忘れられません。(笑)

 

さすがペルー。紫外線がオーストラリアの次に強いといわれているだけあって、日本の日光浴とは少し意味が違うようですね。(笑)

 

一応朝起きたらリビングに連れて行って、太陽の光が入る場所に連れて行ったりはしましたが効果があったのかは微妙です。私と娘が送っていたテキトー生活リズムでも問題なかったということでした。

 

生後8ヶ月になった今、『それでも大丈夫』と言える理由

生後1ヶ月で生活リズムがバラバラだったけど、『それでも大丈夫』と今なら言える!

生後8ヶ月になった今思うのは、『特に生活リズムを無理して整える必要はなかったし、赤ちゃんに合わせた生活で十分!』ということです。

 

離乳食が始まれば、離乳食の時間に合わせて授乳の時間やお昼寝の時間も決まってくるし、離乳食がまだの状態で整わないのは仕方がないことだと思います。離乳食が始まってからちょっと苦労したけど、朝晩の区別さえついていたら少しずつ生活リズムを整えることができました。

 

私が思ったのは、お風呂の時間を毎日規則正しくしていたことで決まった時間に寝てくれやすくなったのではないかな?ということです。

 

生後3〜4ヶ月ころから夜はしっかりと寝てくれるようになっていました。ずーーと同じ時間にお風呂に入れていると、その時間にお風呂に入ることで眠気が来るように体のリズムが整っていたからです。

 

寝る時間がだいたい定まっていたので、生後7ヶ月でネントレをしても1週間弱でセルフねんねができるようになったし、夜の眠りに関しては比較的楽だったと思います。

 

生後1ヶ月の当時は『まだ小さいし、生活リズムは適当で・・・』と思っていましたが、私個人的には『お風呂→授乳→睡眠』の流れは同じ時間に行うことをおすすめします!

 

あとは赤ちゃんに合わせた生活でいいんじゃないかな?と、生後8ヶ月の今となっては思います。

まとめ

生後1ヶ月で生活リズムがバラバラだったけど、『それでも大丈夫』と今なら言える!

 

新生児〜生後2〜3ヶ月くらいまでは夜の授乳が大変で、眠くて、もっと生活リズムが整えばどんなに楽だろう・・・と思うこともありました。でも、それを乗り越えたら大人と同じように生活リズムが作りやすくなってきたことを実感しています。

 

生後4ヶ月くらいを堺に夜の授乳回数が減り、昼夜の区別がつき、生活リズムが整えやすくなりました。

 

赤ちゃんが外の世界に慣れるまでは2〜3ヶ月は必要なんだろうな、と今なら思います。大人だって初めてのことに挑戦した時、慣れるまでに時間がかかったりしますよね。赤ちゃんも大人も同じなんだと考えるとそれも納得です。

 

赤ちゃんはめちゃくちゃかわいい!癒やされる!ただ、もうちょっと寝たい・・・、『もうちょっとしたら楽になる』とよく思ってました。(笑)し、今も思います。

 

そんな感じで乗り越えたら生後8ヶ月まできたので、これからもそんな感じで乗り越えていこうと思います。