妊娠中期の頭痛の原因って何!?たった1つ、気をつけただけで改善できた方法

妊娠 pregnancy

妊娠初期の後半から中期にかけて始まった頭痛。

妊娠中は頭痛がしやすいよって聞いてたけど、想像以上に辛いです。

どうして頭痛がするのか、原因って気になりますよね。

私はその原因を知って、たった1つだけ気をつけてみたら頭痛があっという間に改善されたので、その方法も一緒にご紹介します。

 

 

妊娠中期の頭痛の原因って何!?

妊娠 pregnancy

妊娠中期の頭痛の原因。

そのほとんどは「鉄分不足」だと言われています。

要するに貧血状態が頭痛を引き起こすということです。

 

妊娠をすると、赤ちゃんにも血液が流れるようになりますよね。

今まで1人分で良かった血液量がグーンと増えて、2人の人間をママ1人の体でケアするようになります。

すると、当然ママの体で作られる血液は増えることになりますよね。

 

妊娠中に増える血液量は、妊娠前の約1.4倍だと言われています。

 

ということは、その分ママの体は血液を作る材料が必要です。

料理をするときには材料が必要なのと同じで、魔法みたいにいきなり料理が登場してくることはありません。(笑)

血液と言っても、血液の成分の1つである赤血球を作る材料が1番大切!

 

その材料は「ヘム鉄」と「タンパク質」。

この2つの赤血球の材料が不足して、赤血球がきちんと作られないと、血液をたくさん作ってもうっす〜い血液になってしまうのでママは貧血状態になりやすいんです。

 

貧血状態になると、体にはたくさんの悪い症状がでやすくなります。

 

  • 頭痛
  • 吐き気
  • めまい、息切れ
  • 赤ちゃんが大きく育てない

 

こういった症状が当てはまる場合は、貧血状態、あるいはそれに近いかもしれません。

私は妊娠初期の終わりくらいから、ちょっと歩くと頭痛や吐き気を感じるようになっていました。

階段をのぼると息切れ、歩くだけで息切れ、といった状態に自分でもびっくり!

そして頭痛と吐き気が襲ってくる感じです。

 

ベットで休んでいても辛いし、頭痛が改善されるまでは2時間くらい横になっていないと治らない状態。

私の場合は軽い貧血状態から、こういった頭痛や吐き気を感じていたんです。

 

妊娠中期にたった1つ気をつけただけで、頭痛を改善できた方法

妊娠 pregnancy

買い物にも行けないし、動けないからストレスがたまるよ〜という状態をどうにか改善したくて試してみました。

それは・・・「鉄分」をサプリメントで摂取することです。

妊娠中に必要な鉄分って、妊娠前に比べてグーンとアップして1日21mg必要です。

 

でも!

普通の食事では一般成人女性の鉄分摂取量は約10mg以下。

半分にも満たないくらいの量しか摂取できていないんです!

 

ということは、普通に生活しているとどうしても鉄分は不足してしまいます。

ましてや、私は鉄分の多く含まれているお肉もガンガン食べることは少ないし、ほうれん草を食べ続けるのにも限界があります。(笑)

食事で気をつけても鉄分を1日で21mg摂取するというのは超難題!

 

なので、サプリメントを摂取することで、この難題をクリアにすることができたんです♪

 

鉄分だけじゃダメ!実は〇〇も大切

妊娠 pregnancy

ただし、貧血気味だからといって鉄分だけをがむしゃらに摂取しても効果は低いんです。

鉄分ってビタミンなどに比べると体に吸収されにくい栄養素なので、鉄分単体で摂取しても吸収されません。

ホントに気難しい栄養素ですよね。

 

そこで、鉄分を効率的に体に摂取してもらうには「タンパク質」や「ビタミンC」を一緒に摂取をすることが重要になります。

この2つを鉄分と一緒に摂取することで、体は鉄分を吸収しやすくなるんです♪

 

サプリメントで飲む際に、「鉄分+ビタミンC or タンパク質」を摂取することで鉄分の吸収率アップ!

貧血状態を改善してくれるように体に働きかけてくれます。

 

私はこの方法で、サプリメントを飲みはじめて翌日には効果を感じました。

朝起きたときから、「あれ?なんか今日調子いい!」と体の感じ方が全然違う!

そして、1日過ごしても頭痛がない!

 

もうびっくり。

鉄分を意識しただけなのに、こんなに違うのかとビックリしました。

それに、「もっと早く試せばよかった」と軽く後悔しました。(笑)

鉄分の摂取をサプリメントで始めただけで、頭痛や吐き気が改善されて快適マタニティライフを送れるようになりました。

 

妊娠中期以降は鉄分は必須!

妊娠 pregnancy

妊娠中期以降は頭痛改善はもちろん、赤ちゃんのためにも鉄分は必須です。

赤ちゃんの栄養や酸素って、ママの血液で胎盤→へその緒を通してすべてが届けられます。

血液が不足すると当然、赤ちゃんに届く栄養素や酸素も減ってしまうんです。

 

そうなると赤ちゃんの成長や命に大きく関わってきます。

 

赤ちゃんの命を守るためにも、鉄分不足は絶対に避けないといけません。

赤血球の材料である「ヘム鉄」と「タンパク質」の2つをしっかりと摂取することで、ママの貧血状態を予防し、その結果頭痛を予防する結果に繋がります。

 

赤血球がきちんと生産されて、血液の濃度が適切な状態にするには赤血球うの材料を準備することが必須です。

 

鉄分を摂取することは、赤ちゃんの命を守ること。

そして、ママの頭痛や吐き気といったトラブルを改善することにも繋がります。

 

ちなみに、私は1日の鉄分摂取量をしっかりと摂取しています。

それが妊娠後期になるとかる〜い頭痛を感じることがあったので、血液検査では貧血ではないギリギリのラインでした。

目安量を摂取しても貧血気味になってしまうこともあります。

 

妊娠後期は中期以上に鉄分が必要になります。

妊娠中は鉄分が必須、絶対欠かせないので、妊娠中期からしっかり鉄分を摂っておくことをオススメします!

私が摂取しているサプリメントは「妊活・妊娠中・産後までサポート 【BABY葉酸~ママのめぐみ~】 」というサプリメントで、葉酸と一緒に鉄分やビタミンを摂取できるものです。

たくさんサプリメントを買わなくてすむので便利ですよ♪