海外でも母子手帳がもらえたよ!取得する簡単な方法と時期

妊娠 pregnancy

海外にいると、母子手帳をもらえることってないんじゃ・・・

と、残念に思いますよね。

 

でも、実は海外でも母子手帳を受け取ることができる場合があるんです!

私がペルーにいても母子手帳を取得できた方法と、母子手帳をもらいに行くのにおススメの時期をご紹介します。

 

海外でも母子手帳がもらえたよ!

 

海外にいると、母子手帳とは無縁の世界ですよね。

私がいるペルーでは、母子手帳を配る制度はありません。

それに、診察もドクターがけっこう適当・・・。(笑)(→ドクターの勘違いで、予定日が変更された)

 

そんなペルーで母子手帳をもらえるとは到底思えない。(笑)

そう思っていたのですが、結果的に母子手帳をゲットすることができました。

実はとっても簡単な方法で母子手帳をゲットできたので、ぜひ妊娠を期に手にしてみてください♪

 

海外で母子手帳を取得する簡単な方法と時期

妊娠 pregnancy

海外で母子手帳をゲットする方法は次の通りです。

 

  1. 滞在している国の「日本大使館」のホームページを開く
  2. 「お知らせ」などの項目で、母子手帳に関する記事を探す
  3. 母子手帳の配布をしている情報があれば、大使館に電話をして受け取りの予約をする
  4. 日本大使館に出向き、母子手帳を受け取る

 

たったこれだけで、母子手帳をゲットできちゃいます。

国によっては配布されていない可能性もあるので、大使館に出向く前にホームページで確認するのがおススメです。

また、日本からの支給品らしいので、日本から送られてくる冊数に限りがあります。

さいわいなことに、ペルーは日本人の数が少ない(多分)ので、余裕で受け取ることができました。(笑)

 

母子手帳を受け取る予約をする際に、「今何か月ですか?」と時期を聞かれました。

また、大使館で母子手帳を受け取る際にも、「現在妊娠○○ヵ月」と用紙に記入する必要があります。

 

そのため、母子手帳を受け取りに行くのであれば、日本で「母子手帳を取りにいってくださいね」と言われるくらいの時期に行くのがおススメ。

だいたい3か月目くらいが良いかと思います。

私も3か月目に入ったばっかりでしたが、記入が「ヵ月」でするように単位が書かれていたので、ぎりぎり3ヵ月とはバレませんでした。(笑)

受け取った海外版の母子手帳は、まるで日記のようなもの。

20年をつづろう・・・というテーマですが、壮絶な日記になりそうです。(笑)

記述は99%日本語で、英語などはほぼ使われていません。

ドクターに何か記入してもらえるかも!?と、淡い期待をしていたのに、そうそうと打ち砕かれましえた。(笑)