妊娠後期の運動は、いつからいつまでOKなの?

妊娠 pregnancy

妊娠後期の運動、いつまでOKなのか気になりますよね。

やっぱり妊娠中の運動が良いと聞くと、運動はできるだけ長く続けたい!

担当の先生に聞いてみたので共有していこうと思います。

 

 

妊娠後期の運動は、いつからいつまでOKなの?

妊娠 pregnancy

妊娠後期の運動は、結論から言うと「いつまで」という期間はないとのことでした。

臨月まで続けてもOKだし、運動を続けることで股関節を柔らかく保つことができるので出産にもメリットがあるそうです。

安定期に入って運動OKが出てから出産時期まで、運動はOKということ♪

 

でも!

妊娠後期はどんな運動でもOK!というわけではありません。

運動強度や内容に気をつけないと早産になるリスクがあるので気をつけないとダメ。

 

例えば、負荷の強い筋トレや競技性の強い激しいスポーツはNG。

特に妊娠後期は早産のリスクを下げながら、適度に運動することが大切です。

それに、先生から運動がNGだと言われている場合は運動をするのは避けましょう。

 

妊娠後期にオススメの運動内容とは?

妊娠 pregnancy

私が先生からオススメされているのは次のような運動内容です。

安定期よりも少しゆったりした内容のものが多い印象があります。

 

  • 呼吸法などの分娩時のリラクゼーション
  • ヨガやピラティス
  • ウォーキング(水中もオススメ)
  • 階段の上り下り(日常生活程度でOK)

 

リラクゼーションやヨガ

妊娠 pregnancy

出産のときに必要な体力をつけたり、リラックスする方法を知っておくためには「呼吸法」や「リラックスする方法」を知っておくことが大切。

ということは、陣痛が前に学んでおいた方が良いですよね。

 

それに、筋肉や柔軟性を養いつつ、血行を促しておくことが、赤ちゃんにとっても出生時のリスクを低下するという研究結果があります。

股関節を柔らかくする効果も期待できるので、出産をスムーズにさせるだけでなく、産後のケアにもつながるそうです。

パパママ教室で教えてくれたりするところもあって、私はパパママ教室で呼吸法などを学びました。

 

陣痛が来たらパニックにならないように、リラックスするためにも呼吸法はすごく大切だと思います。

教室に行く前は「呼吸くらい簡単でしょ」って思ったんですが。(笑)

実際に行ってみると痛みの長さやタイミングによって呼吸法も変わるので、状況に応じて対応するためにも学んでおいた方が良いと感じました。

 

ウォーキングや階段の上り下り

妊娠 pregnancy

ウォーキングは疲れたと思ったらすぐに休めるし、やめることもできますよね。

誰かと一緒におしゃべりしながらでもできるし、自分のペースで歩けるのでオススメ!

どうしても腰が痛くて辛い場合は、水中ウォーキングだと腰への負担が減って良い感じで歩けますよ♪

 

また、階段の上り下りも日常生活の中で行う程度であればオススメだそうです。

下半身を使う強い運動のように見えますが、買い物や通勤の時などに階段を使うだけでも十分な運動になります。

隙間運動として日常生活に取り入れると良いと先生からは言われました。

 

妊娠後期は日常生活のささいな活動も運動になる

妊娠 pregnancy

今思え返せば安定期って本当に安定期だったな〜(遠い目)、と思うくらい安定していたし、体も楽でした。

妊娠後期は安定期とは大きく違って、赤ちゃんもぐっと重たくなるし、ちょっとした動作でも疲れやすくなります。

だからこそ、運動も無理をしないで行うことが大切。

 

日常生活の中のささいな活動も運動に入ります。

過度に歩きすぎたり、過度に階段を登りすぎたり、無理をしないでくださいね。

無理をしすぎると早産の原因になることもあるので、適度が一番です。

 

歩くペースだけでなく、歩く距離なども気にしながら運動をしてみてください。

私も妊娠前にしていた運動のことを考えないで、今の体のことだけを考えて動くようにしています。

無理をしなくなって体も楽なので、やっぱり疲れたら休む、お腹が張りそうなら休む、ということが大切だとかなり体感中です!