妊娠中に毎日納豆が食べたいけど、食べてもいいの?

妊娠 pregnancy 納豆

妊娠中でも食べたいものは食べたい!

そう思っちゃいますよね。

 

特に妊娠前から「納豆を毎日食べる」といった習慣があるような場合、妊娠中も毎日食べたくなっちゃいます。

妊娠中に毎日納豆を食べても良いか調べてみました!

妊娠中に毎日納豆が食べたいけど、食べてもいいの?

妊娠 pregnancy 納豆

妊娠中でも毎日食べたい・・そう思うのは「納豆」!というママも多いはず。

私は海外に住んでいるので、冷凍納豆が3パックで500円という激高さの環境なのでなかなか食べられません。

 

・・・が!!

じゃあ、作れば良いよね!

という結論に至り、ヨーグルトメーカーを発酵用に購入して大豆から作ることに♪

「やった~!これで毎日納豆が食べられる~」と思った矢先に、ふと気づいてしまいました。

「あれ?納豆って妊娠中に毎日食べても良いの?」という疑問です。

 

実は納豆の材料である「大豆」には大豆イソフラボンという栄養素が含まれており、女性ホルモンと似た働きをする作用があります。

そのため、摂取をしすぎると「妊娠を維持するためのホルモンのバランス」を崩してしまったり、赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があるんです。

大豆イソフラボンは妊娠をいていないときには良いのですが、妊娠中は摂取量に気をつける必要があります。

そこで気になって「納豆を毎日食べてもOKなのかな?」と調べたんです。

 

納豆は毎日食べてもOK!でも量に気をつけて

妊娠 pregnancy 妊活・妊娠中・産後までサポート【BABY葉酸~ママのめぐみ~】 

調べた結果は「毎日食べてもOK」でした。

ただし、納豆は大豆イソフラボンという栄養素を始め、タンパク質も豊富に含まれています。

他に食べるものなどもしっかりと考えてバランスよく摂取することが大切ということでした。

 

また、納豆を食べる量は1日に2パックまでにすること!

毎日食べるとしても2パックまでは問題ありません。

ただ、他の食事から「大豆イソフラボン」の摂取の可能性もあるので、1日1パックにすることがおススメです。

適量を守って食べるようにしましょう♪

 

また、「妊娠中に毎日納豆を食べていた」というママさんも意外といるんです♪

経験談や納豆に関するコメントを探してきたので参考になるかと思います。

https://twitter.com/00mawiis/status/1172751784059629568?s=20

 

妊娠中に大豆食品を食べる際の注意点

妊娠 pregnancy

妊娠中に納豆をはじめとする大豆食品を摂取する際、注意も必要です。

納豆を1日1パックに制限するように、他の大豆食品のバランスを考えないと「赤ちゃんへの影響」の可能性も考えられます。

赤ちゃんの安全を守るためにも、大豆食品を食べる際は注意をしておきましょう。(→妊娠中の大豆イソフラボンは1日どれくらいまで摂取可能なの?

 

  1. 大豆の摂取量に注意する
  2. 賞味期限を守る
  3. 納豆キムチや卵入りなどは、タンパク質や塩分の摂りすぎに注意する

 

大豆の摂取量に注意するのはもちろんのこと、賞味期限にも注意しておきましょう。

妊娠中以外は「賞味期限切れでも、納豆だったら大丈夫でしょ~」と思って食べてしまうこともありますよね。

でも、妊娠中は免疫力も落ちて食中毒にかかりやすい傾向があります。

安全を1番に考えて、賞味期限以内の納豆を食べましょう。

 

また、納豆キムチや生卵入り納豆はめちゃくちゃ美味しいですよね。

でもその分、キムチの塩分や生卵の食中毒が気になります。

キムチの塩分や卵のたんぱく質の摂りすぎに気をつけたり、生の卵は妊娠中は避ける必要があります。

 

どうしても食べたい!という時もありますが、妊娠中はできるだけ我慢をするのが理想的。

納豆が毎日食べられるだけでも良しとしておきましょう。

妊娠線をニベアの青缶で予防できる!?ニベアを使ってみた結果

妊娠中期に体重増加!管理するには置き換えダイエットがベスト?