妊娠中の胎動は夜に多い、その理由はなぜ?

妊娠 pregnancy 夜

妊娠すると、今まで知らなかったことに出会うことってたくさんありますよね。

胎動も初めて感じた時、すっごく感動しました。

 

動きを感じられる回数もどんどん増えていって嬉しい気持ちがあふれる中、不思議なことがあります。

それは「夜に胎動が多い」ということ。

その理由について今回はご紹介していこうと思います。

 

妊娠中の胎動は夜に多い、その理由はなぜ?

妊娠 pregnancy

妊娠中に胎動が夜に多いのには理由があります。

それは、ママがリラックスしている時の方が胎動を感じやすいからです。

また、リラックスしている時の方が赤ちゃんの胎動が強くなる傾向があるんです。

 

胎動が激しい時は、子宮に酸素や栄養素がたくさん届いて赤ちゃんが元気な証拠

 

特に夜のママがリラックスしている時間の時の方が、他の臓器に流れていた血液が子宮に流れるようになります。

すると、赤ちゃんにはたくさんの酸素や栄養素が届くので動きが激しくなるのです。

 

「でも私、全然リラックスしてないけど?」と思うママもいるかもしれません。

特にリラックスしているつもりがなくても、夜になると睡眠を促すために「副交感神経」が優勢になります。

人間の体のつくりとして、夜になると「リラックス」を促すようにできているんです。

 

そのため、リラックスしているつもりがなくても体はリラックスるよう促していて、実際に体を休めたりすると胎動が激しく感じられるのです。

 

赤ちゃんによっては昼と夜が逆の場合もある

赤ちゃんによっては、昼に胎動が激しくて夜に大人しくなる子もいるそうです。

だからといって異常があるわけではなく、その子の性格だったり、ママの妊娠状態にもよるので問題はありません。

胎動の多さはママの感じ方にもよるので、一概には言えないですよね。

 

胎動が減った時は要注意!

妊娠 pregnancy

夜に胎動が激しくて、私は眠れないことが増えてきました。

特に妊娠後期になると、赤ちゃんが元気な時は1時間くらい動き続けたりしています。

「そろそろ寝たいよ~」と思う反面、元気でいてくれて本当に安心しています。

 

それは、赤ちゃんの胎動が減った時の方が「問題がある可能性がある」といわれているからです。

特に2時間以上胎動がなかったり、10回の胎動を感じるのに1時間以上かかる場合は病院に連絡するように言われています。

 

私の赤ちゃんはかなり極端な時があるので、休み始めて1時間半近く動かないし「あれ?大丈夫?」と心配していたら、突然「生きれるよ~大丈夫だよ~」と言ってるようにドコドコ動きだしたり・・・ちょっと癖があります。(笑)

でも、動いてくれることが生きているという証拠なので、安心感がありますよね。

以前、予防接種をした日にほとんど動かなくなった時は本当に焦りました。(→胎動が急激に減った!ヒヤっとした出来事)

 

それを経験した分、今は「寝れないくらいいっか!」と思えるようになりました。

ママがリラックスしてる方が赤ちゃんにも良さそうなので、できるだけストレスをためないように頑張ります。