妊娠初期で【ニオイ】に敏感、【味覚】が変になった!改善する方法は?

妊娠 pregnancy

妊娠がわかってから、少しずつ【ニオイ】や【味覚】に変化が訪れました。

そう・・・いわゆる悪阻です。

 

でも、これっていつまで続くの!?と不安になりますよね。

そこで、妊娠初期から味わった【ニオイ】や【味覚】の変化についてお話ししてきます。

  • 妊娠初期で【ニオイ】に敏感、【味覚】が変になった!
  • 【ニオイ】に敏感、【味覚】が変!を改善する方法
  • いつまで続く?ニオイに敏感な状態や味覚症状

 

妊娠初期で【ニオイ】に敏感、【味覚】が変になった!

妊娠 pregnancy

妊娠が発覚してから、少しずつツワリの症状が出てくるようになりました。

私の場合は食べづわりだったので、吐いたことはほとんどありません。

ただ、頭痛、常にある吐き気、唾液が気持ち悪い、などなどいろんな症状が出てきて、悪阻に挫折しそうでした。

 

その中でも「ニオイ」に対して敏感になったり、「味覚」が変になったりする症状も感じて戸惑いました。

例えば、今まで大好きだった玉ねぎ、ネギのニオイで吐き気がする。

洗濯物の乾燥機のニオイで吐き気。

 

妊娠前は平気だったニオイが、ちょっとにおうだけでアウト!

今までは何とも思わなかった食べ物や洗濯物が、もう吐き気を高める「悪者」にしか見えなくなってしまいました。(笑)

こういった特定のもののニオイがダメになることは、悪阻の症状としてよくあることだそうです。

 

また、私は常に口の中が気持ち悪い状態を感じていました。

ときどき「何を食べても変な味がする・・・」といった症状になり、大好きだった味噌汁なども変な味がして飲めません。

食べ物を食べる時に味が今までと違って感じたり、食後の口の中がずっと不快感でいっぱいな状態でした。

こういった症状もツワリの1つだと言われており、味覚障害が発生することもあるそうです。

 

ニオイに敏感、味が変になる原因とは?

妊娠 pregnancy

これらの原因は、実はハッキリと解明されていないそうです。

ただ、妊娠してから胎盤ができるまで(安定期に入るくらいまで)は、ホルモンバランスが乱れている状態が続きます。

そのため、ニオイや味もホルモンバランスの影響を受けているのでは?と言われている説もあります。

 

あるいは、体の中の「亜鉛」が足りないと、味覚を判断する細胞が正常に働かないという可能性も考えられます。

そのため、亜鉛不足という可能性もあるかもしれません。

 

ただ、悪阻中って栄養のことを考えて食べる余裕って全くありません。(私はそうでした)

亜鉛を意識して摂取することができなかったので、亜鉛不足かどうだったかは今となっては謎です。(笑)

 

【ニオイ】に敏感、【味覚】が変!を改善する方法

妊娠 pregnancy

私が悪阻中の動けない時期でも、精一杯対処したのが次の方法です。

 

【ニオイ】

  • マスクをする
  • 乾燥機などを使う間だけ外出する、違う部屋に移動する
  • そもそも、ニオイ悪阻を感じる原因を持ちださない

 

ニオイがヤバい!と感じたら、すぐにマスクを装着していました。

料理をする際なども、とりあえずマスクです。

あとは、ニオイの元を避けるしかありません。

 

ただ、私の場合は服の乾燥機が原因で、かといってペルーのマンションには干せるスペースが設置されていないので、「服を乾かす=乾燥機」という選択肢しかなく・・・。

泣く泣く吐き気を我慢しながら乾燥機を使っていました。

・・・が、「旦那さんごめんね」って思いながら、できるだけ洗濯の階数を減らしていました。(笑)

 

【味覚】

  • 歯磨きをする
  • 食後にシャーベット系のアイスクリームを少しだけ食べる
  • 食後にリンゴを食べる
  • できるだけ今食べられるものを食べる

 

食べないわけにもいかないので、できるだけ「今食べられるもの」を食べるようにしました。

「赤ちゃんのために」と思って栄養素の高いモノ食べるよう意識しがちですが、そうすると「味覚」が変に感じるものが多かったです。

というのも、なぜかジャンキーなものを欲しがる体。(笑)

 

「これが本来、体が欲しいと感じるものなのか!?」と、自分の体を疑ったくらい。

フライドポテトやチキンフライ、ピザなどが食べたくなることが多い!みそ汁などを飲むと、味が変!

「これは・・・体に従うしかない!」と思い、「今食べられるもの」を食べるようにしたら、味覚が変に感じる食べ物も少なかったです。

 

また、食後には必ず「超絶気持ち悪くなる」という感じだったので、食後には口の中を少しでもスッキリできるものを食べていました。

幸いなことにリンゴは食べられたので、リンゴをメインにお口直しに食べたり。

ガリガリ君のような、氷系のもので口をスッキリさせるようにしたら、少しの時間はマシでした。

 

いつまで続く?ニオイに敏感な状態や味覚症状

妊娠 pregnancy

「この状態がいつまで続くんだろう・・・」と、悪阻があるときは絶望的でした。

「来週には・・・」「来週には・・・」と、毎週考えながら待っていました。

 

私の場合は、悪阻がなくなるよりも先に「味覚」が回復しました。

食後に気持ち悪くなる状態は続いていましたが、食べ物を食べて「変な味がする」と思ったのは「妊娠10~13週」の間。

それ以降は「変な味がする」とは思わなくなりました。

 

ただ、ニオイづわりは長引いています。

安定期に入ったら落ち着くよ~、といわれている悪阻。

確かに、吐き気や嘔吐などの悪阻は安定期に入るころに落ち着いてきました。(→妊娠16週で悪阻と完全サヨナラ!?それでも完璧じゃない体調とは?)

でも、安定期に入った今でも「玉ねぎを切る時に吐き気がする」「乾燥機がツライ」などなど、ニオイの影響は続いています。

 

ピークの頃よりはかなり良くなりましたが、体調が悪い時には安定期でも強く力を発揮してくれています。(笑)

人によっては出産まで続く人もいるそうです・・・。(考えるだけでツライ。)

こればっかりは個人差があるので何ともいえませんが、ピークは通りすぎることができると信じて耐えるしかありません!

 

私も、まだ「もうすぐ、なくなるかな?終わるかな?」と信じて耐えることにしています。(笑)

希望を持つことは大切ですからね♪

それに、「味覚が変」だったり「ニオイがツライ」と感じる、といった悪阻症状があるということは、赤ちゃんが元気な証拠なのかな?と思うと、頑張れそうな気がします。

 

それでも本当に辛いですが・・・終わりのない悪阻はないですからね!

と、友達からの言葉に勇気づけられている私です。(笑)