【超絶便利】赤ちゃんのおくるみ、いつまで使える?上手な使い方とは?

赤ちゃん 生後 baby 

赤ちゃんのおくるみって使い方さえ知ってしまえば、超絶便利で手放したくなくなる必須アイテムだと私は思います。

 

赤ちゃんのおくるみはいつまで使えるのか?

 

どうすれば上手にフル活用できるのか、実際に使ってみた方法をご紹介していきます。

 

【超絶便利】赤ちゃんの『おくるみ』とは?

妊娠 pregnancy

『おくるみ』とは上の写真にあるような赤ちゃんを包んで、赤ちゃんが安心して眠れるように包む布のことです。

 

おくるみを使うとお母さんのお腹の中を思い出して安心する効果があると言われています。

 

赤ちゃんでも使えるように肌に優しい素材をしています。基本的には赤ちゃんを抱っこしたり、寝かせているときに使います。

 

『おくるみ』は赤ちゃんにいつまで使えるの?

赤ちゃん 生後 baby 

おくるみが使えるのは、だいたい首がすわる生後3〜4ヶ月くらいまでと言われています。

 

私も赤ちゃんを寝かせるときに『おくるみ』として使ったのは、だいたい生後3ヶ月くらいまででした。

うちの子は首がすわるのは遅かったけど、おくるみを卒業したのはそれよりも早かったです。

 

赤ちゃんを抱っこや授乳で寝かしつけをした後、ベッドに寝かせるときに背中スイッチやモロー反射が起きないようにいつも使っていたんです。(寝かせるときに背中が伸びてパッと起きてしまったり、物音でビクッとして目覚めてしまうアレです。)

 

でも、生後3ヶ月くらいになると背中スイッチが全然入らなくなりました。ベッドに寝かせてもズドーンと大の字で寝てる感じです。ものっすごい貫禄があります。(笑)

 

子供や大人のように普通に寝かせても起きなくなったので、『おくるみ』でくるんで寝かせなくなりました。

 

ただ、『おくるみ』が必要ないよ〜という寝方をする前に、赤ちゃんによってはおくるみにくるまれるのを嫌がる仕草をすることもあるそうです。

 

  • 自力で抜け出そうとする
  • 嫌がって泣き出す

 

『おくるみ』でくるんでも、こういった反応をするようであれば『おくるみ』を卒業するタイミングです。

 

生後何ヶ月という数字にこだわらず、赤ちゃん自身がこういったサインを見せてくれたときに卒業をすればOK。「絶対に生後3〜4ヶ月で卒業しないといけない!」というわけではないですからね♪

 

それに、「おくるみ」を寝かしつけでの使い方を卒業しても、他にもいろんな使い方ができるのでとっても便利!

 

私は寝かしつけで使えなくなっても、毎日おくるみを使っていますよ♪その使い方はこの記事の最後にご紹介しているので参考にしてみてください♪

 

赤ちゃん用のおくるみ、何枚持ってれば良い?

私は2枚のおくるみを使いまわししていました。1枚は夜に過ごすベッド用、1枚は昼間に過ごすリビング用として。

 

あと1枚くらい「お出かけ用」や「洗濯中の予備」として多めに持ってても良いかな?とも思いました。これから購入するのであれば、2〜4枚くらいがおすすめです。

 

『おくるみ』がもたらす赤ちゃんへの効果

新生児

我が家でフル活用していたおくるみ、こんな感じでした。これはもう赤ちゃんの寝相でキック!キック!って感じでおくるみが解けかけている状態ですが。(笑)

 

こんな感じで赤ちゃんが寝るたびに使っていたので、「赤ちゃんが寝る=おくるみを使う」という感じでした。

 

赤ちゃんに『おくるみ』を使うことで、赤ちゃんには安心感を与えることができると言われています。その理由は4つあります。

 

  1. 背中が軽く丸まった状態をつくることができるので、背中スイッチがはいりいくい
  2. 体がくるまれているので、モロー反射が起きにくい
  3. ママのお腹の中を思い出して、安心できる
  4. 体をしっかりと保温してくれる

 

私がこの中で1番効果があったと思うのは1つ目の『背中スイッチ予防』でした。

 

抱っこで寝かせていても、ベッドに置いたら背中がぴーんと伸びて1分もしないうちに目をさます・・・寝かしつけを最初から。なんてことがありました。

 

どうにかして寝かしつけをスムーズにしたいと思って『おくるみ』を使い始めたことで、ベッドに置いても赤ちゃんが目覚めなくなったんです!

 

モロー反射は置きにくかったけど、それでも体がビクッとしたときにも目を覚ますことはありませんでした。そのおかげで新生児時期も、夜は授乳が終わればすぐに寝ることができました。

 

寝不足だったけど、最小限の寝不足ですんだと思います。もう、ほんとに『おくるみ』に感謝しかありません。

 

赤ちゃんに使う「おくるみ」の選び方は?

妊娠 pregnancy

赤ちゃんの肌へ刺激にならないもの、そして長く使えるものをを選ぶのであれば選ぶ基準も必要になりますよね。もちろん、使い勝手が良いのは必須条件!

 

おくるみを選ぶときに大切なことは、私は次の4つのことだと思います。

 

赤ちゃんの『おくるみ』選びのポイント① 肌触りの優しい生地

赤ちゃんの肌は大人に比べてすごく敏感です。ちょっとした刺激ですぐに赤くなったり、ブツブツができちゃったり、毎日一緒に過ごしているとビックリさせられることがあります。

 

赤ちゃんの肌に直接触れるものだからこそ、肌触りの優しい生地が理想的。

 

指しゃぶりが始まると、おくるみごと手を口に持っていったりすることもあります。口周りの肌に触れても刺激にならないように、と考えると、やっぱり肌には優しいものが良いですよね。

 

赤ちゃんの『おくるみ』選びのポイント② 使い勝手の良いもの

『おくるみ』の便利さに気づくと、毎日かなりの頻度で使うことになります。ただ、赤ちゃんとの生活に合っていないと使う気になれません。

 

使うときに不便だったり、役にたたなかったりすると意味がないですよね。

 

『赤ちゃんへ安心感を与えてくれるもの』という効果を引き出すには、それに合ったものを選ぶのがポイント!

 

赤ちゃんの『おくるみ』選びのポイント③ 季節に合わせて

季節ごとに使いやすい『おくるみ』のタイプが変わってきます。

 

季節 生地 使い方のポイント
  • コットン素材
  • 厚みがあるけど、通気性の良いもの
季節の変わり目で日によって温暖差が激しいので、寒い日にはブランケットなどで二重に包む
  • ガーゼ生地で通気性、吸湿性、吸水性が良いもの
  • 洗濯のしやすいもの(速乾性)
  • パイル生地(肌触りが良い、吸収性が高い)
洗濯しやすく、涼しいもので負担をかけない
  • コットン生地
春と同じ
  • 保温性の高いもの
  • 厚手のコットン
  • フリース生地
ブランケットなどでおくるみと二重で包むと防寒しやすくなる

 

例えば、私の赤ちゃんは夏生まれだったので暑い時期でも使いやすい薄い通気性の良いものを選びました。というより、先輩ママに『絶対にあったら便利だから!』といただいたのがそのおくるみでした。

 

ガーゼっぽい生地で、吸収性が良く、洗っても乾くのが早いので汚れても問題なし!

 

本当に先輩ママには感謝してもしきれないくらい、すっごく重宝しましたし、時期もピッタリ!おくるみ1枚あれば体温調節のためには十分でした♪

 

冬の今もそのおくるみを使ってるので、季節を選ばないで使うこともできると思います。

 

赤ちゃんの『おくるみ』選びのポイント④ 洗濯がしやすいもの

赤ちゃんは吐き戻しをしたり、よだれを出したり、身近にあるものが汚れやすくなります。

 

『おくるみ』も洗濯しやすいものだと便利です。汚れが落ちやすいもの、速乾性のあるものだともっと便利です。

 

ドバーと吐き戻したときに、ついつい近くにあったおくるみで拭いてしまったことがあります。(苦笑)その時もすぐ洗ってすぐ乾かして、その日の夜にはまた使ってました。これくらい使い勝手が良いものだと便利ですよね♪

 

赤ちゃんへ『おくるみ』の使い方

赤ちゃん 生後 baby 

おくるみの使い方は、基本的に赤ちゃんを布で包んであげることです。その巻き方にはいろいろあって、主に3種類あると言われています。

 

  • 基本巻き
  • おひなまき
  • 半ぐるみ

 

新生児から生後2ヶ月ころまでは「基本巻き」もしくは「おひなまき」、生後3ヶ月以降は「半ぐるみ」が良いとされています。

 

・・・が!!

 

私はよく分かってなかったので、とりあえず『基本巻き』っぽいやり方で使ってました。その時の赤ちゃんの姿勢や動きによって、決まった巻き方ができなかったからです。

 

赤ちゃんが両腕をバーンと上に持ち上げていたら『半ぐるみ』になるし、腕をおろしていたら「基本巻き』で腕も一緒におくるみに包んだりしてました。

 

巻き方よりも、大切なのは赤ちゃんの姿勢だと思います。

 

足は両足の裏を合わせて巻いてあげることが大事!きつすぎず、ゆるすぎず、赤ちゃんが心地よさそうな感じにします。慣れるまでは何度かやり直したりしますが(苦笑)、慣れればこっちのものです♪

 

モロー反射や背中スイッチで目覚めることが減るので、おくるみで包めるようになるとすごく便利ですよ〜。(→動画での『おくるみ』の包み方はこちら)

 

赤ちゃんにオススメの『おくるみ』は?

妊娠 pregnancy

『おくるみ』は最高だよ〜と一言でいっても、たくさんのメーカーさんがあって迷いますよね。実際に使ってみたオススメのものをまとめみました。

 

私がオススメできるメーカーさんは2つ!

 

オススメ『おくるみ』① エイデンアンドアネイ

 

 

エイデンアンドアネイのおくるみはモスリンコットンという素材で作られています。通気性が良く、肌触りもやわらか。120cm角の大判サイズなので活用の幅も広がります。

 

私は調べるまでガーゼ生地だと思ってましたが・・・確かに、「ガーゼよりも肌触りが良いのに通気性が良いな〜、この『おくるみ』すごいな〜」と思ってました。(笑)

 

実際に使っていて、このおくるみが1番良い!と思ってます。

 

  • 肌ざわりが優しく、使えば使うほど生地が柔らかくなっていく
  • 速乾性が良い
  • 軽くてかさばらないので、持ち運びに便利
  • 通気性が良いのに保温性に優れていて、季節を選ばず使うことができる
  • 色や柄が可愛い
  • サイズが大きいので、いろんな使い方ができる
  • 赤ちゃんへのフィット感が良い

 

速乾性が良さはピカイチで、朝洗えばくもりの日でも昼前には乾いてます。赤ちゃんが吐き戻したりしても問題なし!

 

それに、見た目が可愛いので使っていて嬉しい気持ちになります♪

 

赤ちゃんとお出かけする時に「念のために持っていこうかな」という感じでも荷物がかさばらないので便利です。バックやリュックにたたんで入れておけば、肌寒くなった時などにサッと使うことができます。

 

>>エイデンアンドアネイの『おくるみ』の詳細はコチラ

 

オススメ『おくるみ』② フェイラー フード付きバスタオル『おくるみ』

 

 

こちらのフェイラーのおくるみは、パイル地なのでバスタオルとしても使うことができます。フード付きなので、赤ちゃんをすっぽり包み込むことができます。

 

お風呂上がりなどにそのままスポッと赤ちゃんを包んであげることもできるので、何枚か持っているとすごく便利!

 

私はこのおくるみは、おくるみとしてよりも『バスタオル』として使うようにしています。

 

ただ、『おくるみ』として使えるのは生後2ヶ月くらいまででした。(当時は4600gと大きめだったからかもしれません)

 

>>フェイラー フード付きバスタオル『おくるみ』の詳細はコチラ

 

赤ちゃんに『おくるみ』が必要なくなったときの、上手な使いみち

赤ちゃん 生後 baby 

赤ちゃんは生後3〜4ヶ月で『おくるみ』を使わなくても眠れるようになってきます。私の赤ちゃんも生後3ヶ月を迎えてすぐくらいに、おくるみで包まなくても背中スイッチが入らなくなりました。

 

成長してくれているのが嬉しい一方、ちょっと寂しいですけどね・・・。

 

おくるみは寝るときに使わなくなっても、いろんな使い方ができます。私は次のような使い方をしていますよ♪

 

  • 授乳ケープ(首の後ろで結んで使う)
  • ひざ掛け
  • 肌寒い時のブランケット代わり
  • ベッドシーツとして
  • 外出時に体温調節のために持ち歩く
  • ベビーカーに乗るときに日よけとして

 

赤ちゃんがいつもと違う場所で寝てしまっても、おくるみは持ち運びもしやすいし、洗っても乾きやすいので清潔に保ちやすいのが便利なところ!赤ちゃんが寝るときにおくるみを卒業しても、使いみちが多すぎて毎日使ってます。

 

使えなくなったからといってタンスの奥にしまったり、捨ててしまうのはもったいない!赤ちゃんだけじゃなく、大人や子供にも使うことができるのでぜひ応用してみてください♪

 

『おくるみ』は赤ちゃんに安心を、お母さんには安らぎを

赤ちゃん 生後 baby 

赤ちゃんが寝るときにおくるみを使うことで、赤ちゃんの寝付きが良くなります。赤ちゃんの寝付きが良くなれば、お母さんも安心して休むことができますよね。

 

特に新生児期は2〜3時間おきに授乳になるので睡眠不足は裂けられません。思い出すだけで大変だったなぁ〜。

 

でも、『おくるみ』を使うことで眠った赤ちゃんを起こすこと無くベッドに寝かせることできたし、授乳が終わればすぐに私も寝ることができました。

 

『おくるみ』を上手に使うことで、赤ちゃんとママの両方が安心していられると私は思います。

 

おくるみは上手に使えばなが〜く使えるアイテムなので、持っていても損はありませんしね♪おくるみ最高です!