妊娠中の絵本の読み聞かせは、いつから始めるのがベスト?

妊娠 pregnancy

妊娠中から絵本の読み聞かせをすると、胎教に良いですよ〜と言われていますよね。

じゃあ、いったいいつから始めるのがベストなんでしょうか?

妊娠中の絵本の読み聞かせについてお話していきます。

 

 

妊娠中の絵本の読み聞かせは、いつから始めるのがベスト?

妊娠 pregnancy

妊娠中の絵本の読み聞かせをするのは、だいたい妊娠20〜25週くらいから始めるのが良いとされています。

この時期に赤ちゃんの聴覚が完成するので、だいたい妊娠5〜6ヶ月ころになると外の音が聞こえはじめています。

なので、だいたい20〜25週くらいに読み聞かせを始めるのがベスト!

 

ただ、聴覚が完成してからはママの声はずっと聞こえている状態なので、絵本の読み聞かせ以外にも語りかけてあげるのが大切です。

 

お腹の中の赤ちゃんに読み聞かせを行う大きな理由の1つとして、コミュニケーションをとるということ。

身近な人の声がずっと聞こえるというのは心地が良いことですからね♪

大好きな人の声が聞こえたり、話をしたりするだけで気持ちが落ち着くのは大人でもよくあること。

赤ちゃんにとってもアナタの声が落ち着く声なので、赤ちゃんに語り変えてあげると喜んでくれると思います。

 

妊娠中にオススメの絵本ってあるの?

妊娠 pregnancy

妊娠中に読むべき絵本!などもネットで検索すると出てくることが多いです。

そのため、一般的にオススメの絵本は本屋さんやネットで検索したら見つかります。

ただ、私が個人的に思うのは「どの絵本を読むか」よりも、「ママがどんな言葉を伝えたいか」が大切だと思っています。

 

妊娠中は赤ちゃんとママはほとんど一心同体です。

ママがリラックスしていれば、赤ちゃんもリラックスします。

ママが嬉しいと思えば、赤ちゃんにもその気持は伝わります。

ということは、ママが「この言葉が素敵、この絵本が好き」というものを選ぶことで、絵本を読んでいる時にママの気持ちは落ち着くはずです。

ママの気持ちが落ち着くことが赤ちゃんにとっても良いことなので、ママが好きな絵本を選ぶのが私は大切だと思います。

 

それに、お腹の中にいる時の記憶って残っていることがあるといいますよね♪

ずっと同じ本を読んでいたら、生まれた後も同じ本を読み聞かせた時に反応してくれる可能性もゼロではありません。

泣いていたのに、本を読んだら泣き止んだ・・・とか、もしあるとしたら。そう考えると、すごく素敵ですよね♪

 

私の旦那さんも「この絵本の言っている言葉が素敵なんだ」と、お気に入りの絵本を見つけてきました。(スペイン語なので私はいまいち意味がわからないですが。笑)

その絵本には「間違えることを怖がらないで」「誰かになることを怖がらないで」と、これから生まれてくるアナタに希望を持って生きてほしい、という願いが込められていました。

私もその絵本が大好きで、この言葉を忘れないで育ってほしいな・・・絵本を見るたびにそう思います。

 

読み聞かせをする私たちパパママが、そういった気持ちを込めて読んであげることが大切だと思います。

生まれた後にも同じ本を読み聞かせる予定なので、その時の反応もご紹介してみますね♪