生後1ヶ月の赤ちゃんにオススメおもちゃ!我が家はこれでバッチリ

生後1ヶ月の赤ちゃんにオススメおもちゃ!我が家はこれでバッチリ

生後1ヶ月の赤ちゃんってどんなおもちゃが好きなのかな?と、なかなか想像がつかないですよね。

 

私も赤ちゃんが生まれる前にベイビーシャワーでいろんなおもちゃをもらったり、自分たちでも買ったりして準備をしていました。

 

でも生まれてきた赤ちゃんに手渡してみると・・・『あれ?』と予想外のことがたくさん。赤ちゃんの好みって、大人の想像どおりにはいかないものだと学んでいます。(笑)

 

生後1ヶ月の赤ちゃんにも気に入られたオススメのおもちゃをご紹介します。

 

 

我が家で大活躍!生後1ヶ月の赤ちゃんにオススメおもちゃ

生後1ヶ月の赤ちゃんにオススメおもちゃ!我が家はこれでバッチリ

うちの子が生後1ヶ月のときに大活躍したおもちゃは、実はすごく少ないんです。なんと、たった2つ。

 

赤ちゃんっていつもおもちゃで遊んでいるイメージがあるけど、生後1ヶ月ってほんとにまだまだ新生児みたいでおもちゃで遊ぶのは難しい!(と、生まれてきてから知りました。笑)

 

赤ちゃんは手をグーパーすることも難しくて、何かを握り続けることができません。それに、握ったとしても『何か握っているか、いないのか』『自分自身が何を握っているか』ということがわからないんです。

 

だから、生後1ヶ月の赤ちゃんが何かをつかむ、握る、触るといった遊びはできません。

 

だったら、遊べるおもっちゃってないよね!?

いえいえ、実はあるんですよー!!

そんな状態の赤ちゃんでも楽しめたのが、2つのおもちゃでした!

 

生後1ヶ月の赤ちゃんでも楽しめたおもちゃ

  • メリー
  • ガラガラ

 

どちらも『音』で楽しむことができるおもちゃです。

 

特にメリーは大人が近くにいなくても楽しんでくれます。ガラガラは自分ではまだ持てないので、大人が鳴らしてあげると反応します。

 

うちの子はこの2つのおもちゃだったら楽しそうにしてくれていました。他のおもちゃは生後1ヶ月では遊ぶことができませんでした。

 

ちなみに、ベビージムとメリーだったらどっちの方が長い時間1人で遊んでいられるのか試してみました。その様子がこの動画です。

 

 

生後1ヶ月以降のことを考えておもちゃを購入するなら

生後1ヶ月の赤ちゃんにオススメおもちゃ!我が家はこれでバッチリ

生後1ヶ月以降のことを考えて購入するなら、 『メリー』や『ガラガラ』だけだと寂しい気がしますよね。私もできるだけおもちゃは何か買ってあげたいな〜と思っていろいろ試してみました。

 

その中でも生後1ヶ月〜8ヶ月の間に楽しんでいたおもちゃをご紹介します。

 

メリー

生後1ヶ月の赤ちゃんにオススメおもちゃ!我が家はこれでバッチリ

うちの子の場合は、生後8ヶ月になった今もメリーが活躍してくれています。

 

新生児から生後3ヶ月くらいまでは音楽と、おもちゃが動くのを目で追っていました。動いているものを目で追うことは、赤ちゃんの目を鍛えることにもなるらしいですよ。自然とそれを身に着けていたんだと思います。

 

目で追えるようになると生後4ヶ月を過ぎた頃からまわったり、動いたりしている人形を掴むように。はじめはつかめなくて、一生懸命手を伸ばしてる姿がとってもかわいかったですよ〜。

 

生後5〜6ヶ月くらいになると余裕で人形をつかめるようになったので、ゆっくり回るメリーはちょっと飽きてきたようでした。

 

ただ、ずっとメリーはベビーベットにつけているので、朝目が覚めた時はメリーの人形を握って遊んでくれています。ギュッと握っては離し、ギュッと握っては離し・・の繰り返しです。

 

ネントレをしてからは目を覚まして、メリーで遊んくれているので泣いたりすることもありません。私が気づかないうちに二度寝してくれていることもあります。メリーとネントレさまさまです。(→ネントレとは?)

 

ガラガラ

生後1ヶ月の赤ちゃんにオススメおもちゃ!我が家はこれでバッチリ

この画像で握っているものは違うんですが、丸いボールタイプのものがオススメです。(ペルーに売って無くて変えませんでした)

 

オーボール』と言われるもので、ガラガラと同じように握ることもできるし音も鳴ります。

 

 

 

これがオススメの理由は、生後4〜5ヶ月以降に動いているものを見る練習を始めます。その時にゆっくりと転がるボールがその練習にピッタリ。このオーボールだとゆっくり転がるので見やすいし、生後7ヶ月以降はボールを追いかけてハイハイの練習にもつながります。

 

オーボールはどこからでも掴みやすい作りになっているので、しっかり手を握れない早い時期から使えます。そして、長く使えるのが魅力的。

 

オーボールじゃなくてももちろん問題なしです。我が家では入手できなかったので普通のガラガラです。

 

生後4ヶ月くらいからおもちゃを握って、振ったりできるようになりました。生後1ヶ月では大人がガラガラを鳴らして、それを見ていただけだったのが嘘みたいです。

 

生後8ヶ月になった今もガラガラは時々興味を示します。

 

ただ今では音を鳴らすだけでなく、ガラガラを持って持ち上げたり、ゆっくり動かしてみたり、今までの『持って鳴らすだけ』とは少し様子が違っています。ガラガラと一言でいってもいろんな遊び方ができるので、意外と長い期間使って遊べていると思います。

 

ベビージム

生後1ヶ月の赤ちゃんにオススメおもちゃ!我が家はこれでバッチリ

生後1ヶ月の頃はメリーに負けて、『メリーがあれば十分じゃない?』と思っていたベビージム。

 

それが生後4〜5ヶ月で大活躍しました。特にこの時期は『握りたい!』『掴みたい』という動きが多くて、ベビージムの引っ張っても壊れることのない仕組みが最高でした。

 

うちの子は手を伸ばしてぬいぐるみを掴み、すごい力で引っ張ってます。(笑)それでもベビージムのつなぎ部分はほどよくしなるくらいで、安心して見てられました♪反対にメリーはいつか壊れてしまうかも、とヒヤヒヤしています。(笑)

 

ただ、赤ちゃんを見ていると『もっと引っ張った感覚を感じられるものの方が良いのかも?』と思うことがあります。ぬいぐるみとベビージム本体のつなぐ部分が『ゴム』などの伸びる素材だったら、もっと赤ちゃんも楽しめたかもしれません。

 

手作りで作られる方もいらっしゃると思うので、その場合はゴムでつないであげることをオススメします。

 

まとめ

生後1ヶ月の赤ちゃんにオススメおもちゃ!我が家はこれでバッチリ

生後1ヶ月で遊べるおもちゃは限られているし、実はおもちゃ以外にも楽しめるものってたくさんありました。日常の中にあるいろんなものに興味をしめしてくれるので、私たちはびっくりしてばかりです。

 

例えばナイロン袋には良い反応をしてくれることが多いです。私達にとってはおもちゃでもない、日常的にありふれたものです。でも、赤ちゃんにとっては『新しいもの』なんですよね。

 

ちょっと赤ちゃん目線になって考えてみたら、それは当然なのかもしれません。まだ外の世界に出てきて1ヶ月、2ヶ月の状態だったら『すべてが新しいもの』ですよね。

 

私達が海外旅行に行って初めての場所で、初めて見るものは、現地の人にとっては当たり前のものでも私達にとっては新鮮でおもしろいものです。それと同じで赤ちゃんはすべてのものが新鮮で、おもしろいんだと思います。

 

日常生活であるもので、安全に配慮できるものだったらなんでもおもちゃになると、赤ちゃんが生まれてから学びました。

 

生後1ヶ月であれば音が出るものに反応してくれやすいです。何か面白そうなものを見つけて、見せてあげると喜んでくれると思います♪