妊娠後期、肋骨が痛い!この違和感はなに?

妊娠 pregnancy

妊娠後期に肋骨が痛い!

そう思い始めたのは妊娠8ヶ月のときでした。

この原因を担当に先生にきいてみたところ、意外な回答が来てびっくり!

それを共有したいと思います。

 

 

妊娠後期、肋骨が痛い!この違和感はなに?

妊娠 pregnancy

妊娠後期に入ってから、肋骨に痛みを感じるようになりました。

特に夜。

しかも私の場合は右側だけで、ズーンとした重い感じの違和感なんです。

 

なんだろう〜この違和感。胎動かな?

 

と思っていました。

だいたい10〜20分くらいすると痛みは軽くなるし、歩いたりすることはできるくらいの痛みです。

痛くて動けない〜!ってほどではありません。

そこで担当の先生に相談をしてみたところ、次のことを言われました。

 

それは赤ちゃんの胎動ですね。元気ですね〜、肋骨が痛いくらいだなんて。(笑)

肋骨神経痛という病気などもありますが、アナタの場合は違いますね。

 

と笑顔で言われてしまいました。(笑)

私の場合は胎動で、赤ちゃんのキック?というより、グーッと足で押しているようです。

私の赤ちゃんはいつも顔を右向きにしている癖があるので、だいたい足も右に向かって突き出されています。

そのため、足をグーンと伸ばしている時に右側の肋骨あたりが圧迫されれて、私が肋骨に痛みを感じていたんです。

 

ものっすごい元気な我が子。

可愛い、めっちゃ可愛いんだけど・・・ただ、痛い。

ちょっと呼吸も苦しくなるくらい痛いときもあるので、生まれたらどんな風になるのか今から楽しみです。(笑)

 

肋骨神経痛という病気の可能性もある

妊娠 pregnancy

ちなみに、先生がチラっと名前を出した「肋骨神経痛」という症状。

これはお腹が大きくなって、肋骨に沿って存在している肋間神経に刺激を与えてしまい、痛みを引き起こしている状態のことをいいます。

この症状のやっかいな特徴は、ひどいと出産後も症状が続くことがあるということ!

 

私のように数分でおさまる場合は胎動の可能性が高いですが、次のような特徴が当てはまる場合は専門機関で診てもらうのがオススメです!

 

  • 体を動かすなどしたときに、突然痛みが生じる
  • 天気や気温の変化に左右される

 

神経痛なので、気候などにも左右されやすくなります。

違和感があるな〜という場合も、担当の先生に相談してみてくださいね。

早めに治すことが、産後まで長引かせないためにも大切です!

 

妊娠後期は肋骨に要注意!

妊娠 pregnancy

まさか妊娠をする前は、肋骨を気にするようになるとは思ってもいませんでした。(笑)

でも、妊娠後期には肋骨を赤ちゃんに蹴られて骨折してしまうこともあるんだとか!

私の赤ちゃんもその可能性・・・あるーーーー!(笑)

 

赤ちゃんの動きなので、どうすることもできないのですが。

時々話しかけたり、足の位置はここがいいよ〜という感じでトントン叩いてみたりしています。

すると、キックする場所が変わったりすることがあるので、赤ちゃんにも痛いっていう私の気持ちが通じてるのかもしれません。(笑)

 

妊娠後期、肋骨には要注意です!

できればしっかりとカルシウムを摂取していきましょう。