妊娠中、いつ性別が分かる!?5か月目の検査結果は・・・?

妊娠 pregnancy 妊活・妊娠中・産後までサポート【BABY葉酸~ママのめぐみ~】 

妊娠中に気になること、それは「性別」ですよね。

性別が分かっていると、準備もいろいろとしやすくなるし、できれば早く知りたい!というパパママも多いはず。

 

私の旦那さんも早く知りたくてうずうずしています。(笑)

妊娠中に赤ちゃんの性別がわかるのはいつからなのか?

そして5か月目に受けた検査結果がどうだったのかもご紹介します。

  • 妊娠中、いつ赤ちゃんの性別が分かる!?
  • 妊娠5か月目の検査結果は・・・?

 

妊娠中、いつ赤ちゃんの性別が分かる!?

妊娠 pregnancy

妊娠中、いつ性別が分かるのかソワソワしますよね。

私の旦那さんも、妊娠3か月くらいの頃に「血液検査でわかるんだって!新しい技術らしいから、受けられるか探してみよう!」と大はしゃぎしていました。(笑)

結局ペルーでは受けられないことが分かって断念していたのですが、ほんの数か月待てばいいだけのことでも、やっぱり気になってしまうものです。

 

妊娠が発覚したころは、まだ赤ちゃんは小さくて、エコー検査でも性別はわかりません。

でも、受精した時からすでに性別は決まっていると言われていますよね。

 

エコー検査で私たちが性別がを確認できるのは、早くて妊娠5か月目です。

だいたい7割以上のママが、妊娠5~7カ月の間に性別判断をしているそうです。

 

その9割を超える赤ちゃんの性別は、エコー検査と一致しています。

ただ、ほんの2~3%の確率で性別が一致しなかったこともあるとか。

 

エコー検査は実際の赤ちゃんを見るわけではないし、間違えている確率もあります。

名前を決めたりして、準備万端!っていうときに間違えてると、出産後にちょっと・・・いや、かなり戸惑いますよね。

名前だけでも、両方の性別を考えておいた方がいいのかな?(笑)

 

妊娠5か月目の検査結果は・・・?

妊娠 pregnancy

私も妊娠5か月目のエコー検査で、「もしかしたら性別が分かるかもしれない!」とワクワクしながら検診に向かいました。

エコー検査の間、私たちの担当の先生はとにかくいつも無言です。ニコっともしません。(笑)

動いている赤ちゃんも見たいのですが、先生はいろんな角度で写真を静止画で納めてくれるので、それをひたすら待っています。

 

ホントにいろんな角度で撮ってくれるので、それはそれでありがたいな~と思いつつ。

この日の検診も、先生が撮ってくれたその静止画をもとに赤ちゃんの様子を説明してくれました。

赤ちゃんはすべて問題なし!イイ感じですよ~と。

 

でも、赤ちゃんの性別に対して何も言われないので「先生、まだ性別はわかりませんか?」と聞いたところ・・・

ドクター「ちょうどへその緒が足の間の上にあって、今は性別が確認できないですね~」

私の心の声(ホントだ!足の間にへその緒!どんだけ丁寧に隠してるんだよ!笑)

ということで、5か月目の検診では性別を知ることはできませんでした。

 

まだまだ5か月最初の検診だと、赤ちゃんが小さくてこういったこともあるそうです。

次の検診だと、だいたい80%くらいの確率で確認できるのだとか。

ということで、6か月検診を心して待つことにします。

 

お腹の出方で性別が分かる?

妊娠 pregnancy

ちなみに、お腹の出方で性別がわかるっていう話もありますよね。

最近会った彼の親戚にも「お腹の出方が前に出てる感じだね~、女の子かも」と言われました。

それを聞いた彼の顔は緊張でドキドキしてましたよ。(笑)

 

でも、日本で言われているのは逆のようです。

 

  • お腹が前に突き出している → 男の子
  • お腹が全体的にせり出している → 女の子

 

ということは、ペルー的に言えば私は女の子だけど、日本的に言えば男の子のようです。

どっちの国が正しいとかはないけど、「そういう可能性もあるよね~」くらいで考えておけば良いかと思います。(笑)

 

ちなみに医学的には、お腹の出方や大きさはママの骨盤の大きさによって左右されるそうです。

そのため、お腹の出方は個人差というよりも、骨盤の形によって決められるとのこと。

そう言われると・・・「あ、なるほど!」ですよね。(笑)(→実際に性別が判明!性別判断時のエコー写真を大公開!)

 

1人1人体型や骨の大きさが違うように、妊娠中のお腹の大きさや形も違うってことですね。

なので、あまり考えすぎないように、6か月検診を待とうと思います。(笑)

妊娠中の寝方を工夫すると寝やすくなった、抱き枕クッションが大活躍!

妊娠5か月で前置胎盤と診断された、ハイリスクになる可能性大で大泣き