妊娠中期になっても眠気が!その理由と解消法とは?

妊娠 pregnancy

妊娠初期、「眠気」もつわりの一種だと聞いていたので、いくら眠くても「これはツワリだから」と安心していました。

寝る時間もいつもの1.3倍くらいになり、よく眠るように。

 

それが妊娠中期になってもおさまらない・・・。(笑)

妊娠中にずっとこんな調子だと困るかもしれない、と思い、その理由と解消を探してみました。

  • 妊娠中期になっても眠気が!
  • 妊娠中期の眠気の理由とは?
  • 妊娠中期の眠気解消はどうするべき?

妊娠中期になっても眠気が!

妊娠 pregnancy

妊娠初期では「眠気」があるのは、悪阻の一つとしてもよくあることです。

私も妊娠に対する自覚症状を感じ始めてから、気づいたらあくびをしていました。

とにかく、眠い!

 

妊娠前までは、12時に寝て6時半くらいには起きる生活をしていたのに、妊娠がわかるとそれも不可能に。(笑)

夜の10時くらいには眠気があり、11時には眠りに落ちている状態で、朝は9時くらいまで寝てしまうことも。

妊娠初期だし、つわりで吐き気なども手伝って爆睡です。

 

しかし、「あ!もしかしてツワリが終わったかな?」というタイミングで、眠気もすごく軽くなることがありました。

睡眠時間が自然に短くなって、朝も早く目が覚めるようになってきたんです♪

「これがツワリが終わるってことなのかな~?」と思っていたのも束の間。(→妊娠16週でツワリが終わった!?それでも続く体調不良・・・)

 

つわりが終わっても眠たい日があるではないですか!(笑)

特に体調が悪いなどは、眠気がすごい。

「今日は頭痛がするな~」という日は、夕方くらいには眠気がきて、夜の9時くらいから眠れるくらいの睡魔が襲ってきます。

 

妊娠中期になっても、「眠気がさめないな~」という日が続いて困っちゃいます。

私の場合は、調子が悪い日には眠気を感じやすいということが分かっているので、そういう時は体を休めるように意識をしています。

「体が休んで」って言ってるからかな?と、思うようにしていますが。

実際はホルモンの影響も強いようです。

 

妊娠中期の眠気の理由と?

妊娠 pregnancy

妊娠初期から中期にかけて、眠気を感じる理由は「ホルモン」の影響だと言われています。

妊娠中は、妊娠を維持するために女性ホルモンの分泌が盛んになります。

特に女性ホルモンの中でも、プロゲステロンが多く分泌されていると「眠気」を感じせるそうです。

 

生理前に強い眠気を感じることってありますよね。

妊娠中は、生理前と同じようなホルモン状態が続くので、生理前と同じように眠気を感じやすくなるのです。

 

胎盤が完成する妊娠中期になると、胎盤からホルモン分泌が行われるようになるので「眠気」を感じにくくなります。

それは「悪阻」を感じにくくなるのと同じ理由です。

悪阻も、胎盤の完成によって軽くなっていくように、眠気もホルモンバランスが整う中期には軽くなっていくと言われています。

 

私も、「悪阻が去った」と感じた時くらいから、眠気が軽くなったと感じています。

それくらい今は胎盤に助けられているんですね。

ただ、妊娠中は分娩まで妊娠維持のために、体内では女性ホルモンの分泌は増加し続けます。

そのため、妊娠中期になっても眠気を感じる人がいるとのこと。

 

私もいまだに眠気に悩まされることあるのは、そのうちの1人だということですね。

多くのママが眠気を感じているそうで、統計的にも50~55%のママが眠気に悩まされているという結果が出ています。

 

ホルモン以外にも原因がある場合

妊娠 pregnancy 妊娠線 マタニティクリーム

ただ、一概にホルモンのせいだと言い切れないこともあるそうです。

それは次のような可能性があります。

 

  1. お腹が大きくなり、体が疲れやすくなるから
  2. 夜の眠りが浅くなっているから

 

この2つの可能性を知って、私も「確かに~!」とすごく納得してしまいました。(笑)

ホルモンの影響+こういった可能性が大きいと思います。

 

① お腹が大きくなり、体が疲れやすくなるから

 

お腹が大きくなると、どうしても体は疲れやすくなっていきます。

必要な血液量も増え、少し動いただけでも息が上がるようになることも。

体が疲れると眠気を感じやすくなっていきますよね。

 

② 夜の眠りが浅くなっている

 

妊娠中には眠りが浅くなる傾向があります。

精神的に不安定になりやすいため眠りが浅くなったり、お腹が大きくなって眠りづらくなることも。

それに、頻尿や赤ちゃんの胎動で目を覚ましてしまうこともあるので、どうしても夜の睡眠が妨げられやすくなります。

 

こういったことが原因で睡眠の質が低くなり、その影響で眠りの質が低下してしまいます。

すると、昼間に眠気が襲ってきてしまうのです。

 

妊娠中期の眠気解消はどうするべき?

妊娠 pregnancy

じゃあ、妊娠中の眠気ってどうしようもないのかな!?と、仕事をするママや、どうしても眠気を覚まさないけないシュチュエーションでは困ってしまいますよね。

そんな時どうするか!どうすれば解消できるのか!?

調べてみると・・・

やっぱりなかなか良い解決方法はみつかりませんでしたが、一応次のような解消方法があるとわかりました。

 

  1. とにかく寝る!
  2. ガムをかむ
  3. 体を動かす

 

① とにかく寝る!

妊娠 pregnancy cushion クッション 抱き枕

ホルモンの影響を受けている場合がほとんどなので、体の指示に従って眠ってしまうのが1番効果的だそうです。

寝れる時間があるのであれば、とにかく寝てしまいましょう!

 

でも!

そんな時間ないよ~!

というママも多いですよね。

そういう場合は、お昼休憩の最後の10分だけデスクでちょっと寝てみたり。

少しでも目を閉じられるタイミングを見つけて、ちょっとだけ眠ってみると良いかもしれません。

 

眠い時は眠らないと眠気が覚めないといわれています。

なので、少しでも眠い時にはほんの数分だけでも眠ってみましょう。

きっと眠気の感じ方も変わると思いますよ♪(→夜の寝方も工夫しよう!熟睡度が全然違う、抱き枕を使う方法とは)

 

② ガムをかむ

妊娠 pregnancy

ガムをかむことで脳に刺激が届き、、眠気を減少させることができます。

ただ、バッチリ目を覚ますのは少し難しいかもしれません・・・。

それでも「うたた寝」をしてしまうのは防げると思います。

 

私もミンティアやフリスクでは眠気が防げないので、運転中などの眠たくなりやすい時はガムを噛みます。

ガムを噛んでいる時には、寝落ちしてしまったことはありません!

 

③ 体を動かす

妊娠 pregnancy

体を動かすと眠気はさめやすくなりますよね。

ちょっとトイレまで歩いたり、ストレッチをしてみるのがおススメ。

やりすぎると不審な行動になりがちなので(笑)、できる範囲で少し体を動かしてみると良いと思います。

 

NGな眠気覚まし方法

妊娠 pregnancy

眠気が覚めなくても、やってはいけない方法があります。

それは「カフェイン入りの飲み物」を飲みすぎることです。

一般的に、妊娠中は1日200mgいかに抑えるように推奨されています。

 

コーヒーや紅茶だけでなく、エナジードリンクなどにもカフェインが入っているものが多くあります。

飲む前には、カフェインの配合量を確かめてから摂取するようにしましょう。