妊娠中は階段は危険!?マンション5階で毎日息切れ!

妊娠 pregnancy

妊娠中には普段OKなんことでも、妊娠するとNGになることってたくさんあります。

そのうちの1つで気になることは「階段」ですよね。

実際に私の旦那さんもすっごく気にしていて「階段って登ったらダメだよね?」と聞いてきました。

・・・が、妊娠中の階段について、お話ししてきますね。

 

 

妊娠中は階段は危険!?マンション5階で毎日息切れ!

妊娠 pregnancy

「妊娠中に階段を上るのはダメよ!」と義理母に強く言われたことがあります。

妊娠初期のころで、まだまだ妊娠6週くらいだった頃だと思います。

それは流産を気にしてのことでした。

 

旦那さんからも「階段って登っていいの?ホントに大丈夫?」とかなり心配されました。

「みんな大げさだな~、階段は大丈夫だよ」と私は心の中で呟いていましたが。(笑)

みんなの心配を解消するために、検診時に聞いてみることにしました。

 

ドクターに「階段は上り下りしたらダメなんですか?」と聞いてみたところ、「全然OKだよ」という答えをいただきました。

ただし、階段はOKだけど、それと一緒に重いものを持ったりして登るのはNGということでした。

 

というのも、私はちょうどこのタイミングで旦那さんと一緒に住み始めるためにマンションを探していたんです。

妊娠前から「来月から一緒に住もう」と決めていて、ちょうどマンションを探していたタイミングで妊娠が発覚。

そのため、家は探していたけれど家族用マンションではなかったため、階段でもOKな内容で探していました。

 

結局半年契約で今住んでいるマンションに住むことになったのですが、その部屋は5階。

エレベーターはないので階段のみです。

マンションを決めた当時はツワリが始まってきつかったけど、体力はあったので「階段で大丈夫でしょ」と早く決めたくて即決しました。

 

妊娠中の階段は、実際に住んでみてどう思う?

妊娠 pregnancy

実際に住み始めたのが妊娠2カ月の時だったのですが、つわりがまだ始まったばかりの頃。

まだ少し余裕もあったし、全然大丈夫~!と言っていられたのは住み始めて1週間くらいだけでした。(笑)

結論から言うと、妊娠中の階段は「サポートしてくれる人がいるならアリ、してくれる人がいないならナシ」という感じです。

 

  • 悪阻中の上り下りが最悪にキツイ
  • 切迫流産、切迫早産になった時に、助けてくれる人がいないとヤバい
  • 息切れがするけど、良い運動にはなる

 

私の感想としてはこんな感じです。

もう少し詳しく説明していきますね。

 

悪阻中の上り下りが最悪にキツイ

悪阻中にどうしても階段を上り下りをしないといけない時、めちゃくちゃキツイです。

特に踊り場がカーブになっていたりすると最悪。

もう気持ち悪さがピークから、さらに上り詰める感じです。

 

思わず階段で吐いてしまうかと思ったほど。

上り下り自体がキツイだけでなく、私はちょっとした踊り場のカーブがダメでした。

 

切迫流産、切迫早産になった時に、助けてくれる人がいないとヤバい

私は切迫流産になったので、ドクターからは絶対安静!

走るな、動くな、家事をするな、何もするな!という指示を受けました。

そのため、階段を上り下りすることは絶対にNG。

 

でも生きるためには食べ物は必要ですよね。

食べ物のために最低限の外出は不可欠です。

ただ、私の場合は旦那さんが時間の融通が利く仕事をしているため、昼食や夕食などの準備をしてくれました。

といっても、作ったりはできないので、私の希望するものを買ってきたりしてくれた感じです。

 

もしあの時旦那さんがいなかったら、私はどうなっていたことか・・・

そしてこの絶対安静の指示が出ていた時期は、1ヵ月まるまる私は外出していません。(笑)

それでも生活できていたのは旦那さんのサポートがあったからです。

 

もし私のように切迫流産や早産になってしまうと「絶対安静」と言われることってありますよね。

そんな時はサポートしてくれる人がいないと大変です。

サポートしてくれる人がいない場合は、そういった場所を選ばないようにしたり、使わないようにしましょう。

 

息切れがするけど、良い運動にはなる

良い面としては、息切れはめちゃくちゃするけれど、良い運動にはなります。(笑)

ぜーぜー言いながら登ってます。

ただ、まったく登らなくなると筋肉を使わなくなるので、時々体に鞭を打って体を動かすのも大切ですよね。

 

安静指示が解除されてからは、階段も積極的に上るようにしています。

家が5階にある分、絶対に上らないとダメなのでその点はメリットだったかな?と思います。

 

妊娠中に階段で落ちるとどうなるの?

妊娠 pregnancy 階段

妊娠中の階段はOKですが、転倒には気をつけないといけません。

悪阻で集中力や体力が低下している時、お腹が大きくなってバランスがとりにくい時などは特に要注意です。

私もなんでもない時にフラットして、階段から落ちそうになったことが何度かあります。

 

もし階段から落ちてしまったら・・・・

そう思うと怖くなりますよね。

階段から落ちると、具体的には次のような危険性があるといわれています。

 

  • 胎盤の剥離(はがれること)
  • 切迫流産
  • 切迫早産
  • 早産
  • 流産

 

赤ちゃんに直接影響がなくても、ママの体に影響が及んで結局赤ちゃんにも・・・という形になることがあります。

赤ちゃん自身は羊水に守られているので衝撃は受けにくいですが、ママからの酸素や栄養の補給が減ってしまうと命にかかわります。

どれも大変な症状なので、階段から落ちることは何としても避けないといけません。

 

妊娠中に階段を使う際、注意すること

妊娠 pregnancy

階段から落ちないようにするためにも、できるだけ注意をしながら登りましょう。

 

  • 手すりや、つかまりながら登れるものを使用する
  • 急がず、ゆっくりと
  • ヒールの高い靴は履かない

 

今までは平気だったことも、妊娠中は危険なことがあります。

私も今までは運動を毎日していたので、体力には自信があります。

それでも、階段を上っている時に急にふらっとして落ちそうになったことが何回かありました。

 

その時は手すりを持っていたり、旦那さんと手を繋いでいてグッと引っ張ってもらえたりしたので大丈夫でした。

手すりの大切さを妊娠中に痛感しています。

それから、急いで登らずにお腹に負担をかけないようゆっくりと、そして安全第一でヒールのない靴を履いておくとベターです。

 

階段から落ちないようにすることがとっても大切。

でも、もし落ちてしまった場合は担当の先生に相談しましょう。

出血などがなくても後から症状が出ることもあるそうなので、産婦人科にすぐ電話をしたり、診察を受けに行った方が良いと思います。