出産予定日1週間前、妊娠39週のお腹の大きさ画像!赤ちゃん降りて来てませんけど!?

妊娠 pregnancy

出産予定日1週間前のお腹って、どれくらいの大きさなのかな〜?と気になりませんか?

気になりますよね!(←強制的。笑)

どれくらいの大きさなのか、お腹が下がるってどういうことなのか、どんな症状があるのかご紹介します。

 

 

出産予定日1週間前、妊娠39週のお腹の大きさ画像!

 

出産予定日1週間前を過ぎてしまいました。

妊娠39週に突入です!

初産なので「出産時期遅れるよ〜」とか、「お腹下がって来てるね〜、もうそろそろじゃない?」とか、いろいろ言われるけれど、ぶっちゃけいつ生まれるか自分では全然わかりません。(笑)

 

妊娠10ヶ月に突入した時の検診では「赤ちゃんは降りてきてるからね」とは言ってもらえました。

でも、その後前駆陣痛で一晩苦しんだ後も、「おしるし」が来てからも、全く生まれる気配がありません。(笑)(→おしるしが来た!生まれるまでどれくらい?普通にすごしていいの?)

そんなマイペースな私の赤ちゃんがいるお腹はこんな感じです♪

臨月 出産予定日1週間前のお腹

妊娠36週の時点で2800gを超えていました。

今妊娠39週に突入したので、妊娠後期に1日30gずつ増える(という平均がある)計算をすると・・・

だいたい今の赤ちゃんの重さは600gは増えているはずなので、3400g!!!!

 

で・・・でかい!(笑)

これが平均の体重の増え方なので、もしもっとグイグイ増えていたら4000gを超える可能性もありますよね。

自然分娩(性格には無痛分娩)を希望しているので、めっちゃ恐怖です。(いや、覚悟を決めるしかない。という心の葛藤)

 

このお腹の大きさで、だいたい子宮底長は34〜35cm。

以前の検診時は少し縮んでいたので、そこから赤ちゃんが大きくなったのかまた少し伸びてました。

 

 

出産予定日1週間前でも、赤ちゃん降りて来てませんけど!?

 

出産予定日1週間前なので、さすがに赤ちゃんも降りてきてくれてるかな?と思ったけど、そんなことなさそうです。

妊娠36週の時の画像と比較してみました。

臨月 出産予定日1週間前のお腹

赤ちゃんの位置、あんまり変わってない気がしますよね。

なんなら、上がってません!?(笑)という感じ。

妊娠36週の頃の方が赤ちゃんの位置を下の方に感じていたので、「そろそろ生まれるかな?」と思っていました。

でも、妊娠39週になって出てくる気配なし。うーん、生まれてこないお腹、それがこのお腹なのかもしれません。

 

赤ちゃんが大きくなってるので、お腹も大きくなって当然なのですが。

臨月になってもこんなに大きくなるとは思ってませんでした。(笑)

そして、臨月に入ってからの赤ちゃんの重さが半端ない!

 

特に夜中にトイレに目覚めるときは、お腹の負担がすごいです!

とりあえず起き上がる時に、赤ちゃんの足の位置が肋骨付近にあると要注意!肋骨に足が刺さります。

肋骨を押される、とかじゃなくて刺さるんです!(笑)

前かがみになった瞬間、今まで感じたことのない激痛があって夜中に1人悶てました。

 

とにかく赤ちゃんの体重が重たいので、寝返りも一苦労。

妊娠後期になったら「ヤバい、ヤバい、重たい、しんどい」と連呼していたけれど、臨月に入ってからは更にヒートアップ。

妊娠後期の赤ちゃんのお腹の重さに苦しんでいるアナタ、臨月は覚悟が必要かもしれません。

特に横になっているときはかなりの負担を感じるので、クッションなどは必須です。心の底から、睡眠用のクッションを買っておくことをオススメします。(→妊娠中にオススメのクッションとは?臨月には絶対オススメの睡眠グッズ)

 

まだまだ生まれる気配のない我が家の赤ちゃん。

超過ランドに入園しそうな気がしています。

それでも焦らずに、とりあえず出産に向けていろんな準備をしておこうと思います。

 

今のところ試しているのは、次のようなことです。

 

 

でも、まだ効果はないんですけどね〜。

 

引き続き、予定日までまだ時間があるので頑張ってみます!